茂原長南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茂原長南インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 首都圏中央連絡自動車道
IC番号 103
起点からの距離 28.4km(木更津JCT起点)
茂原北IC (10.7km)
(8.8km) 市原鶴舞IC
接続する一般道 国道409号
供用開始日 2013年4月27日
通行台数 X台/日
所在地 千葉県茂原市石神
テンプレートを表示

茂原長南インターチェンジ(もばらちょうなんインターチェンジ)は、千葉県茂原市首都圏中央連絡自動車道(圏央道)にあるインターチェンジである。

千葉県茂原市石神地先と長生郡長南町千手堂に跨って設置される。

道路[編集]

接続する道路[編集]

歴史[編集]

周辺[編集]

長南町の中心に位置し、山林や農地が広がる一帯であり、長南町、長柄町の市街地、茂原市西部の住宅地・市街地や市役所等が近接する。また、名水百選熊野の清水』や笠森寺(笠森観音)、茂原公園、ひめはるの里、藻原寺などの名所名跡に近い。

[編集]

首都圏中央連絡自動車道
(102)茂原北IC - (103)茂原長南IC - (104)市原鶴舞IC

脚注[編集]

  1. ^ 2012年12月3日, 記者発表資料 首都圏中央連絡自動車道(東金市~木更津市間)のインターチェンジ等の名称が決定しました, 国土交通省 関東地方整備局 千葉国道事務所、東日本高速道路(株) 関東支社 木更津工事事務所 (PDF) , 2012年12月5日閲覧

関連項目[編集]