苻丕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
哀平帝 苻丕
前秦
第4代皇帝
王朝 前秦
在位期間 385年 - 386年
姓・諱 苻丕
永叔
諡号 哀平皇帝
生年 不詳
没年 386年
苻堅(庶長子)
年号 太安 : 385年 - 386年

苻 丕(ふ ひ)は、五胡十六国時代前秦の第4代皇帝。3代皇帝苻堅の庶長子。

生涯[編集]

少年時代から文武両道の才能があり聡明だったが、生母が正室でなかったので前秦の世子に立てられず、弟の苻宏が代わって太子となった。やがて父から長楽公に封じられ、378年から379年にかけて東晋襄陽姚萇慕容垂と共に攻め落とし、に鎮座した。

383年淝水の戦いで父が東晋に敗れると関東は大混乱に陥り、翌384年には早くも鮮卑族の慕容垂らが自立して鄴に迫った。同年1月、苻丕は鄴城に立て籠もり、慕容垂率いる丁零烏桓・鮮卑兵20万の大軍に包囲された。慕容垂は鄴城外に行宮を建てて燕王に即位したが(後燕)、苻丕は軍を率いて頑強に抵抗し、385年8月まで持ちこたえた。

鄴が包囲されているさなか、関東各地では後燕に呼応する動きが続出した。とりわけ氐族の大軍団が駐屯する幽州并州が後燕の別軍によって陥落すると、鄴は南北から挟み撃ちされる形となった。385年8月、苻丕はついに民6万を率いて鄴を脱出し、晋陽に本拠を移した。同年、父が姚萇に殺害されると、苻丕は晋陽で前秦皇帝に即位した。

苻丕は即位すると、王永王猛の子)の目覚しい活躍もあって関東各地に孤立する前秦の残党を糾合し、晋陽を中心に一大勢力を形成した。しかしすぐに後燕に反撃され、386年8月、事態打開のため南下して平陽に拠点を移した。この動きに脅威を懐いた西燕慕容永は、同年10月に前秦と決戦を挑んで撃破(襄陵の戦い)、王永ら苻丕の重臣を殺害した。苻丕は近臣や禁衛軍を失い、一族から殺害されることを恐れて東垣へ逃亡しようとしたが、途中で東晋の将軍馮該の軍勢に邀撃されて敗死した。

苻丕の諸子は東晋へ送られ、既に降伏していた旧天王太子苻宏の幕僚とされた。一方、苻丕の残軍は苻纂によって率いられ、関中の杏城に移った。苻纂は苻丕の子苻寧枹罕苻登へ送り、これと連携しようとした。しかし、苻登が帝位に即いたため、やむなく苻登から魯王を拝した。387年、杏城の旧前秦本体は苻師奴に乗っ取られ、ついで後秦に敗れてオルドスへ逃れた。こうして苻丕の晋陽政権の残党は消滅したのである。

宗室[編集]

兄弟[編集]

息子[編集]

先代:
世祖
前秦皇帝
第4代:385年 - 386年
次代:
高帝