英蘭協約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

英蘭協約(えいらんきょうやく)とは、1824年に成立したイギリスネーデルラント連合王国オランダ)の間の条約

概要[編集]

従来イギリスがアチェの独立を支援していた為、オランダはスマトラ島北部のアチェ王国を手にすることが出来ずにいた。しかし、イギリスが政策を転換して英蘭協約を結び、イギリスがマラッカを含むマレー半島側(インドコーチンを含む)、オランダがアチェを含むスマトラ島側(バンカ島ブリトゥン島を含む)を領有するという形の植民地交換が決められた。

この条約が原因となり、1873年アチェ戦争英語版が起こることになった。

歴史[編集]

1623年モルッカ諸島アンボイナ島アンボイナ事件が起こり、イギリスとオランダが対立。オランダ東インド会社が香辛料貿易を独占することになった。イギリスは東インドの制海権を失って香辛料貿易が頓挫。

1667年第二次英蘭戦争英語版の講和条約・ブレダの和約で、ニューアムステルダム(現ニューヨーク)とバンダ諸島のラン島を交換した。イギリスは、南インドのフランス領ポンディシェリをめぐるカーナティック戦争を皮切りに、インド進出を開始することになった。

フランス革命ナポレオン戦争の教訓から、ヨーロッパ内の平和を保つため、ヨーロッパ諸国は植民地支配に力を入れた。東南アジアでも勢力争いが行われた。イギリスのインド政策は膨張を続け、再び東インド(シンガポール海峡植民地)へ進出し、オランダと国境を接することになる。

1800年オランダ領東インド(植民地交換前の領土)を設立。

1810年フランス帝国が、衛星国のオランダ本国(ホラント王国)を併合。

1814年ロンドン条約

1815年ウィーン会議においてネーデルラント連合王国1815年 - 1839年)が設置される。

1819年イギリス東インド会社トーマス・ラッフルズシンガポールを拠点としたことにオランダが強硬に反対して英蘭対立が激化したため、この外交交渉が設けられた。

1824年、オランダ領東インド(ほぼ現在のインドネシア)とイギリス領海峡植民地(ほぼマラヤ連邦)の領域が確定した。

これ以降、イギリスは海峡植民地を拠点とし、次の目標である国で阿片戦争を引き起こす事になった。

1841年英国海峡植民地政庁の協力のもと、サラワク王国成立。

1867年英領ゴールド・コーストen:Dutch Gold Coastに関するen:Anglo-Dutch Gold Coast Treaty (1867)を締結。

1871年、イギリスにen:Sultanate of Siak Sri Indrapura(現リアウ州)への機会均等を与えるen:Anglo-Dutch Treaties of 1870–1871を締結。

1873年アチェ戦争英語版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]