若神子城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
若神子城
山梨県
城郭構造 山城
築城主 不詳、新羅三郎義光(伝承)
指定文化財 なし

若神子城(わかみこじょう)は山梨県北杜市須玉町にある

概要[編集]

所在する北杜市須玉町は県北西部に位置し、若神子城は正覚寺裏山の北城、古城、南城の三つの城郭の総称。いずれも若神子集落の西側に位置する台地上に立地する。

甲斐源氏の祖にあたる新羅三郎義光によって築かれたという伝承がある。

戦国時代には武田氏の信濃侵攻における甲信国境として重要視され、佐久・諏訪口方面からの狼煙の中継点、陣立ての場所として利用されたという。武田氏の滅亡後、武田遺領をめぐる天正10年(1582年)の天正壬午の乱では、信州から侵攻した相模国北条氏直が陣を構え、江戸後期に成立した『甲斐国志』にでは当城を後北条氏の本陣跡としている。

1984年(昭和59年)には北城の発掘調査が行われ、柱坑列が検出されたほか内耳土器やかわらけなどが出土したが、時代を特定できる遺構・遺物は見られない。1982年(昭和57年)には古城における発掘調査が実施され、薬研堀や建物跡が検出された。北城・古城・南城のいずれも北側の防御が手薄であることが指摘される。

参考文献[編集]

  • 八巻與志夫「若神子城の性格」『須玉町史』第ニ編第四章二

関連項目[編集]