若爾蓋県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 四川省 若爾蓋県
包座郷の風景
包座郷の風景
若爾蓋県の位置
若爾蓋県の位置
簡体字 若尔盖
繁体字 若爾蓋
拼音 Ruò'ěrgài
カタカナ転記 ルオアルガイ
チベット語 མཛོད་དགེ་
ワイリー方式 Mdzod dge
蔵文 Zoigê
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
四川
自治州 阿壩
行政級別
面積
総面積 10,437 km²
人口
総人口(2004) 7 万人
経済
電話番号 0837
郵便番号 624500
行政区画代碼 513232
公式ウェブサイト http://www.ruoergai.gov.cn/

若爾蓋県(じゃくじがい-けん、ゾルゲ県)は中華人民共和国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の最北部に位置する

地理[編集]

若爾蓋県はチベット高原の北東端、四川省・甘粛省青海省の省境付近に位置する。北緯は32度56分から34度19分、東経102度08分から103度29分。

県の中心である達扎寺鎮は成都からの距離498km、蘭州からの距離は513km。甘粛省碌曲県との境には、チベット仏教の寺院や鳥葬台のある郎木寺(タクツァン・ラモ)の町があり、観光地となっている。

東部は大陸性温帯気候で、岷山山脈などの高山と峡谷が構成する森林地帯になっている。一方、西部は高山気候で、チベット高原上の丘陵地帯に草原が広がる。達扎寺鎮は南に流れる長江水系と北へ流れる黄河水系の分水界上にある。

主な民族は人口の90%を占めるチベット人で、その他漢族回族羌族などが住む。

歴史[編集]

この地は中国とチベットの勢力のぶつかる部分で、隋代には汶山郡の下に通軌県が設置されたが、その後吐蕃の領内に組み込まれた時期もあった。中華民国が成立すると松潘県の一部とされたが、1956年7月に若爾蓋県が新設された。県名はチベットより派遣された大管家(若耿、方言転写は若爾蓋)に由来する。

行政区画[編集]

下部に2鎮、15郷を管轄する

  • 鎮:達扎寺鎮、唐克鎮
  • 郷:班佑郷、阿西郷、轄曼郷、紅星郷、麦渓郷、嫩哇郷、凍列郷、崇爾郷、熱爾郷、占哇郷、降扎郷、巴西郷、求吉郷、阿西茸郷、包座郷

外部リンク[編集]