若い地球説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

若い地球説(わかいちきゅうせつ、英語: Young Earth creationism、略称:YEC)とは、創造論のうち、神による天と地とすべての生命の創造が短い間になされたとする説。現代科学の長い年代を否定し、紀元前数千年前から一万年前の間に、聖書の創世記にある通り、24時間の6日間で世界が創造されたとする。特殊創造説とも呼ばれる。

創造科学でも若い地球説が主張されている。古い地球説と相違がある。

この説を支持する学者ら[編集]

若い地球説の主張者は、F・ピーパー、H・リュポルド、ルイス・ベルコフデュアン・ギッシュヘンリー・M・モリス、J・C・ホイットクウム・Jr.、ラッシュドゥーニーグレッグ・バーンセン、ジェームス・ジョーダン、G・ディマー、ケネス・ジェントリー、ピーター・ライトハート、ケン・ハム、ジョナサン・サルファティ、ドン・バッテン、奥山実南山宏ら。

歴史的な説[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「若い地球説」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。