芹沢博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芹澤博文から転送)
移動: 案内検索

芹沢 博文(せりざわ ひろぶみ、1936年10月23日 - 1987年12月9日)は、将棋棋士。棋士番号68。旧字体芹澤 博文表記も使われている。

静岡県沼津市出身。高柳敏夫名誉九段門下。タレントとしても活動した(盤外での活動を参照)。

来歴・人物[編集]

  • 将棋を覚えたのは小学校4年生の頃と遅かったが、その2年後には沼津の将棋大会に訪れた木村義雄十四世名人と二枚落ちで指し快勝。神童と騒がれる。
  • 14歳の時に入門。19歳で四段となる。1年目の順位戦こそ惜しくも昇級を逃すが、2年目からは4年続けて昇級し、24歳でA級八段となる。ちなみにC級2組から4年続けて昇級を果たしたのは芹沢の他に加藤一二三中原誠谷川浩司の名人経験者3名に、田中寅彦の計4名しかいない。芹沢が『若き天才』『俊英』と呼ばれたのは、こういった出世の速さがあったからであろう。
  • 奨励会の頃から傲岸不遜な言動で知られ、当時の常務理事に対して『奨励会の昇級規定は生ぬるい。こんな規定で昇級しても恥ずかしいだけだから自分は(昇級を)辞退する』と啖呵を切ったり、B級1組当時、『今の自分なら十番指して二番負けることはない。(A級に)上がるには9勝3敗でいいのだから、二番は不戦敗でいい』などと発言。物議を醸すが、当時から表裏がなく、一本筋の通った性格だったこともあり、先輩らからは可愛がられた。
  • 一方で、若手の面倒見も良く、弟弟子でもあった中原誠は奨励会時代、日曜の度に芹沢の家を訪ね、稽古を付けて貰っていた。中原が強くなったのも、筋の良い芹沢の将棋を吸収したからだ、と言われている。
  • また、一門は違ったものの、米長邦雄のことも奨励会時代から可愛がっていた。低段時代の米長は振り飛車を多く指していたが、芹沢の『若い内から振り飛車を指していては大成しない』という忠告を受け振り飛車を封印。その後の米長は居飛車の本格派として急成長を果たす。なお、芹沢の葬儀の弔辞は米長が担当している。
  • B級1組では上記の発言の通り、11勝1敗という好成績でA級に昇級するが、その後は星が思うように伸びず、わずか2年でA級から陥落。本人曰く『その気になればいつでも勝てると思っていたから、その気にならず負ける癖がついてしまった』。以後、B級1組を長らく維持する。
  • その中でも何度かA級復帰のチャンスはあったが、1969年度のB1順位戦では最終局、中原との直接対決で終盤まで優位に進めながらも逆転負けし、A級復帰を逃す(中原はこの年10勝3敗でA級に昇級)。
  • 名人位に対する思いは強く、名人になる見込みがなくなって以後も、折にふれ「俺は名人になれないのか」という考えがうかんで、涙を流していた。
  • 30代以降、棋士として目立った成績は残していないが、運営面やタレント、文筆活動などで才覚を発揮する(後述)。
  • 無類の酒好きで知られたが、晩年は酒量が増え、対局もままならないことが少なからずあったという。そんな中、将来の名人候補と目された谷川浩司との1981年度のB1順位戦での対局は、酒断ちをして体調を整え谷川と対峙。完璧な指し回しで見事谷川を破る(谷川はこの年10勝2敗でA級に昇級)。
  • また、谷川浩司の棋才と人物を早くから認めて「将来の名人」と断言し、「谷川の応援団長」と自称していた。
  • 一方、芹沢の死去の2年前にデビューして活躍していた羽生善治については、その「筋にこだわらない」棋風を嫌い評価しなかった。羽生と同世代の若手棋士で芹沢が評価していたのは、「筋に明るい」将棋を指していた阿部隆であった。
  • 1987年12月9日、逝去。51歳没。死因は肝不全。直前までバラエティ番組にも出演しており、突然の訃報という印象もあったが、死の数年前にも倒れて病院にかつぎこまれた経験を持つ。その際、テレビ番組で共演していたせんだみつおに良医を紹介され、「せんださんのお陰で助かりました」と感謝の意を表している。
  • 若き日には自らを将棋の天才と信じていたが、あるとき才能の限界を自覚し(中原にとどかぬ場所に行かれ、米長にも抜き去られたと感じ「前に2頭いれば連対できない」と競馬の勝負に例えて言った)、それ以来酒におぼれるような生き方になった。晩年になると朝からシャブリを食事なしに飲み続けた。尋常ではない酒量で体調を崩した結果の早逝であり、その死は「時間をかけた、ゆるやかな自殺」ともたとえられた。

盤外での活動[編集]

  • 今も全国各地で行われている「将棋まつり」を企画・立案するなどアイデアマンとしても知られ、1976年には蔵前国技館で「将棋の日」イベントを開催する立役者となった。このイベントは平日開催であったにもかかわらず8500人もの観客を集め、大盛況に終わる。
  • 山口瞳の『血涙十番勝負』では、連盟サイドでの調整にあたり、自らも第六番の対局者として山口と対峙した。
  • アイ・アイゲーム』の解答者など、テレビタレントとしても活躍。今で言う文化人タレントのはしりでもあった。1981年の映画『の・ようなもの』では俳優として出演している。
  • 観戦記をはじめ、エッセイなど文章家としても活躍。数多くの著作を残す。
  • 観戦記でのペンネームは『鴨』。本人曰く『鴨長明のような流暢な文章を書きたい』との思いでこの名を付けた。また、藤沢秀行などの近しい人物は、彼のことを新撰組の筆頭局長、芹沢鴨になぞらえて『芹鴨』と呼んでいた。
  • 大の将棋好きであった田中角栄とも親しく、一時期自由民主党からの参議院選挙全国区からの出馬も取り沙汰された。
  • 晩年には作詞:伊奈二朗/作曲:山本寛之作の『野風増』で歌手デビューも果たす。
  • 焼酎「おつだね」のCMに長女と共演、「おつだね一杯、ぐいっ!」とセリフを放った。
  • 1982年に、テレビ東京系時代劇『大江戸捜査網』第542話『待ったなし!二万両の王手』に、当代の将棋名人役で特別出演している。
  • DAM第一興商)で配信されている、北島三郎『歩』のカラオケ(本人映像)では、歌が将棋を題材としているということもあり、自ら出演して北島と対局している[1]

筆禍・トラブル[編集]

歯に衣着せぬ筋の通った発言や秀逸な文章のエッセイは一般大衆からは好評を得ていた。しかし、その反面で、歳を重ねる毎に棋界の内外で数多くの舌禍・筆禍を巻き起こした将棋史上有数のトラブルメーカーでもあり、大山康晴など同時期の棋界の関係者が度々激怒し、盤外で頭を悩ませた。

  • 数多いトラブルの中でも1982年の『対局全敗宣言』はその最たるもので、解釈によっては『片八百長の宣言』に取れる事から物議を醸した。
    • この全敗宣言は、『競争原理が働くはずのプロが、全敗でクラスも落ちず(当時はC級2組からの降級はなかった)、給料を貰えるのはおかしい』という一種の提言であったが、棋士の中でも賛否両論あった。
    • 棋士会でも「芹沢を処分せよ」との声は上がったものの結局お咎め無し。
    • 一方、C級2組からの降級制度は4年後の1986年から復活するなど、長い目で見ればこの件に限れば概ね芹沢の主張に近い結果となった。
  • 将棋連盟会長であった大山康晴とは人間的にソリが合わなかった。エッセイで度々批判を繰り返す芹沢に激怒した大山が、当時連盟職員だった鈴木宏彦(現観戦記者)に『今すぐ芹沢を連れてこい!』と命じ、鈴木が対処に窮したこともあったという。一方で大山は、芹沢を将棋界に役に立つ人間としては認めていた。
  • クイズダービーに弟弟子で当時名人だった中原誠が出演した際、司会の大橋巨泉が「中原君」と何度も呼んだことに、「年齢が下とは言え、将棋界の頂点に立つ人間を君付けとはけしからん。物の常識を知らない男」と批判。これ以後、著作で大橋を攻撃するようになった。ある時「クイズダービーでは解答者(はらたいら)に答えを教えている」と週刊誌のエッセイに書き、大橋を激怒させた。大橋はこの時、芹沢を名誉毀損で訴えるつもりでいたが、中原や将棋連盟の大橋への懸命のとりなしでどうにか事なきを得た。
  • 妹弟子蛸島彰子が時代劇『新・必殺仕置人』の『王手無用』の回に女性棋士役でゲスト出演することになったが、一部の撮影が済んだ段になってから芹沢が「女流とはいえ名人、それが〔殺されて〕コモかぶりでは将棋のタメにならない」と番組プロデューサーに猛抗議を繰り広げた[2]。この芹沢の介入の結果、蛸島が役から降ろされ[3]、撮影済シーンも全てお蔵入りという事態に至る[4]
  • この様に芹沢の周囲ではトラブルが頻発したため、晩年になるにつれ親しかった棋士やメディア関係者たちにも警戒され、次第に距離を置かれるなど、いわゆる「敬して遠ざける」という扱いをされる様になっていった。
    • 上述の『全敗宣言』と前後して、かつて蜜月の間柄だった山口瞳と絶縁、山口は将棋界との交遊自体を絶つ。山口の連盟(棋士)批判に芹沢が腹を立てたことや、米長邦雄との間で起きたトラブルが主な要因と言われているが、山口と将棋界を繋ぐパイプ役であった芹沢の傲岸不遜さを増すばかりの態度・言動や、それを止められない将棋関係者の弱腰な姿もまた山口が将棋界に失望した一因と言われる。
    • 1986年の十段戦第二局の打ち上げの席で、立会人板谷四郎が「芹沢、お前の最近の態度は何だ。ほかでチャラチャラ稼ぐから将棋がおろそかになるのだ」と一喝[2]。たちまちに険悪なムードとなり、その場は板谷の子息の板谷進らがどうにか収めたものの、その後はもはや周囲に直言をしてくれる人物は誰もいなくなってしまった。

この他にも、オフレコレベルで関係者間で収拾が付けられたために全真相が定かではなく、後々の棋界の内外で尾鰭が付いて伝わっている様な真偽不明の話も散見される。

その他[編集]

  • 名前については生前から「芹博文」と表記されることの方が多かった。現在においても、日本将棋連盟の物故棋士紹介欄では「芹沢博文」と表記されている。
  • 当時の将棋界でも屈指の競輪好きとしても知られており、競輪中継番組のゲストとしても多数出演歴がある。ただし、若かりし頃には競輪が原因で億近い借金を作った。
  • 弟子に佐藤義則八段がいるが、佐藤は奨励会時代、芹沢に「呑む・打つ・買うはプロになるまで厳禁」と厳しく言われていたにもかかわらず、京王閣競輪で遊んでいるところを芹沢本人に見つかってしまい、破門されそうになったことがある。この時芹沢は「佐藤が弁解がましい事を言ったら本当に破門するつもりだった」と後に語っている。
  • 原稿執筆のスタイルは口述筆記。聞き取りと清書は全てかずこ夫人が手がけていた。
  • アマ五段の腕前だった囲碁を始め、あらゆる室内遊技に精通。特に麻雀における実力は猛者が揃う将棋界においても当時一、二を争うと称された程の強者であった。
  • つのだじろうの将棋漫画『5五の龍』において、主人公の師匠として登場する芦川八段は、彼がモデルとされている。
  • 同じ静岡県出身・芹沢姓である俳優・芹澤名人の芸名は、博文がテレビ番組において「芹沢名人[5]」と呼ばれていた事に引っ掛けて名づけられたものである。(当人は将棋界との接点は一切なく、ゴルフとのかかわりが深い)

昇段履歴[編集]

  • 1950年 入門
  • 1955年4月1日 四段 = プロ入り
  • 1958年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1959年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1960年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 1961年4月1日 八段(順位戦A級昇級)
  • 1983年4月1日 九段(勝数規定
  • 1987年12月9日 現役のまま死去

通算成績・優勝履歴[編集]

著書[編集]

「芹沢博文」名義

  • タテ歩取り戦法(1966年、北辰堂):1975年、1989年に改訂版有
  • 矢倉戦法(上)(下)(1966年、北辰堂):1986年に改訂版有
  • 棒銀・腰掛け銀戦法(1966年、北辰堂):1988年に改訂版有
  • ハメ手撃破戦法(1967年、北辰堂):1986年に改訂版有
  • 相懸り基本戦法(1967年、北辰堂):1987年に改訂版有
  • 初心者のための振り飛車の勝ち方(1968年、有紀書房
  • 将棋定跡入門(1968年、天元書房)
  • 実践の最中で説く次の妙手(1973年、東京書店)
  • 将棋勝つための本筋(1973年、鶴書房
  • 単純明快棒銀戦法(1974年、日本将棋連盟)
  • 将棋振り飛車破り(1975年、西東社)
  • ヨコ歩取り戦法(1975年4月、北辰堂):1989年に改訂版有
  • 歩の横ある記(1977年、宝友出版社
  • ××(ちょめちょめ)八段の八めん六ぴ(1982年6月、力富書房ISBN 4-89776-002-X
  • ぼくんちは萌黄色(1984年5月、フレーベル館ISBN 4-577-70002-6
  • 芹沢博文の破天荒盤外記 野風増の詩(1984年11月、日本コンサルタントグループ出版部、ISBN 4-88916-097-3
  • どんと失敗 どんと成功(1986年5月、交通タイムス社)
  • 振飛車破りの棒銀(1986年8月、北辰堂)
  • 依って件の如し(1986年10月、ケント出版)
  • 指しつ刺されつ─芹澤九段の将棋界うら話(1987年5月、リイド社
  • 猪突銀戦法(1988年3月、北辰堂)
  • 奇襲戦法(上)(下)(1988年7月、北辰堂)

「芹澤博文」名義

  • 芹沢の将棋教室(1) 現代流行の新戦法(高橋書店、1966年)
    • 1977年に『芹澤の最新戦法』と改題し、芹澤名義に変更。
  • 芹沢将棋教室(2) 詰めの基本と応用(高橋書店、1966年)
    • 1977年に『芹澤の詰め将棋』と改題し、芹澤名義に変更。
  • 芹沢将棋教室(3) 奇襲とハメ手(高橋書店、1966年)
    • 1977年に『芹澤の急戦将棋』と改題し、芹澤名義に変更。
  • 芹沢将棋教室(4) 中盤必勝この一手(高橋書店、1966年)
    • 1977年に『芹澤の急戦将棋』と改題し、芹澤名義に変更。
  • 芹沢将棋教室(5) 必勝の形とネライ(高橋書店、1966年)
    • 1977年に『芹澤の基本将棋』と改題し、芹澤名義に変更。
  • 芹沢将棋教室(6) 新しい駒落定跡(高橋書店、1966年)
    • 1977年に『芹澤の駒落将棋』と改題し、芹澤名義に変更。
  • 王より飛車が好き(1984年12月、サンケイ出版(扶桑社)、ISBN 4-383-02351-7
  • 八段の上、九段の下(1984年12月、講談社ISBN 4-06-201601-X
  • 人生、くそ度胸!(1985年6月、ロングセラーズISBN 4-8454-0195-9
  • 芹澤博文の娘よ(1985年8月、パン・ニューズ・インターナショナル)

名義不明

  • 将棋 これから始める人に(1967年、天元書房)
  • 急所攻撃法(1968年、光風社書店)
  • 将棋入門 : キミの実力向上を計るワザの全公開!(1977年、鶴書房)
  • やさしい将棋入門(1978年、金の星社):1984年に改訂版有

テレビ出演[編集]

ゲーム[編集]

※すべてセガからの発売。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内藤國雄九段「どういうわけか将棋の好きな大学生は女の子にもてないようである」 - 将棋ペンクラブログ・2013年10月19日
  2. ^ a b 山田史生『将棋名勝負の全秘話全実話』(講談社アルファ文庫、2002年)
  3. ^ 他の将棋関係者では伊藤宗看役の伊藤果はそのまま出演している。
  4. ^ 本来蛸島が演じる予定だった女性棋士役については、女優の横山リエが急遽これを演じてことが済まされた。
  5. ^ 当愛称の由来は不明であるが、実際に名人位を取得したことに因むものではないことは言うまでもない。

外部リンク[編集]