花の曲 (シューマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花の曲(はなのきょく、Blumenstucke)作品19は、ロベルト・シューマンジャン・パウルの文学に創作動機を得て作曲したピアノ曲。1839年に作曲、出版された。文学と音楽の融合に力を入れた作者ならではの情緒的・感傷的な作品で、妻クララは夫の作品をその没後もアンコールピースとして欠かさなかったといわれている。

楽曲[編集]

Leise bewegt

変ニ長調。4分の2拍子。ロンド形式。全体に接続曲風で奏者の裁量が大きい。右手は高音部が伸びやかな旋律、左手は緩い伴奏であるが、弱拍に右手中声部が打音することでピアノ技巧を求め、さらに曲に活気をつけている。

属調変イ長調の部分の後、Lebhaft の変ト長調の部分が続く。完全な演奏には訓練が必要。

外部リンク[編集]