艶々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

艶々(つやつや)は、日本漫画家。男性。有限会社スタジオシトミ取締役社長。

経歴・人物[編集]

月刊少年ジャンプ』(集英社1993年平成5年)8月増刊号に掲載された「ゆり先生の教育白書!!」でデビュー。当時のペンネームは廣瀬良多

熱狂的な阪神タイガースファン。作中には阪神タイガースの選手の名前が挙がっていたり、2008年後半の低迷ぶりにはブログでひどく激怒するなどした。現在はブログ等でもプロ野球の話題に触れることはなく、趣味としてはカメラや写真(特に銀塩写真)に傾倒している。別名義で写真系ブログもあり。

出身は大阪府枚方市で現在は岐阜県在住。ブログで「(東京都には)月に何度か来る事がある」と記しているように、毎月1回以上東京都を訪れている。

作風[編集]

ヤング系同人誌コミックを主に、爆乳系中心に熟女、お姉さん、美人、美少女、母親キャラが多い。性行為の描写は艶かしいものがあり、萌え系というよりは以前のエロ劇画に近い雰囲気を持つ。「たとえば母が」「鷹月助教授」「はだかのくすりゆび」「我妻姉弟」などの作品は緻密に計算された展開でストーリーが進んでいき、コメディ要素が全くない。逆に「家政婦のミツコさん」「となりのとなりのお姉さん」「ボクノアイジン」のように全編コメディタッチの作品もある。

作品[編集]

シリーズ作品[編集]

鷹月助教授の淫靡な日々
  • 鷹月助教授の淫靡な日々1(2001年4月、アクションコミックス)
  • 鷹月助教授の淫靡な日々2(2001年8月、アクションコミックス)
  • 鷹月助教授の淫靡な日々3(2001年10月、アクションコミックス)
  • 鷹月助教授の淫靡な日々4(2002年1月、アクションコミックス)
  • 鷹月助教授の淫靡な日々5(2002年5月28日、アクションコミックス)
  • 鷹月助教授の淫靡な日々6(2002年8月28日、アクションコミックス)
  • 鷹月助教授の淫靡な日々浸潤の娟貌
たとえば母が
艶かしく交差する母緑川美晴と息子正樹の背徳の物語。全6巻完結。独身キャリアウーマンの美晴は息子正樹の親友と恋に落ちてしまう。友情と母子関係の破綻、そして美晴には過去の男が…。後述の久枝シリーズと同一テーマながら全く反対と言ってもいい結末を迎える秀作。
  • たとえば母が1(2004年6月28日、アクションコミックス)
  • たとえば母が2(2005年3月11日、アクションコミックス)
  • たとえば母が3(2005年12月12日、アクションコミックス)
  • たとえば母が4(2006年9月28日、アクションコミックス)
  • たとえば母が5(2007年8月28日、アクションコミックス)
  • たとえば母が6(2008年3月28日、アクションコミックス)
たとえば母が 補完シリーズ(同人誌)
本編では描写し切れなかった部分を補完する作品郡。
  • たとえば母が 28.5(本編28話の補完)
  • たとえば母が 28+(28.5に2ページ追加)
  • たとえば母が 49+(本編49話の補完)
  • たとえば母が After(本編最終話の補完)
  • たとえば母が 蜜月(後述の眼鏡女と公衆便所に収録、本編10話以降の話と推定)
家政婦のミツコさん
29歳(作中で30歳になる)のメイド、酒井田満子の波乱万丈な日々の物語。全2巻完結。
  • 家政婦のミツコさん1(2009年4月28日、アクションコミックス)
  • 家政婦のミツコさん2(2009年11月28日、アクションコミックス)
  • 家政婦ミツコの大冒険(メンズヤング2010年1月号掲載)
たとえば母が』とのコラボ作品。緑川美晴、正樹の家に世話になることになった三十路メイドミツコは見てはいけないモノを見てしまう?
となりのとなりのお姉さん(作:みなみなかゆう
  • となりのとなりのお姉さん1(2005年10月28日、アクションコミックス)
  • となりのとなりのお姉さん2(2006年8月11日、アクションコミックス)
かすみの杜(作:みなみなかゆう)
漫画アクション』掲載。巫女の家の義母と姉妹が様々な悩みを抱えた男を性行為によって解決する物語。
  • かすみの杜1(2003年12月23日、アクションコミックス)
  • かすみの杜2(2004年11月27日、アクションコミックス)
はたらく人妻さん
  • はたらく人妻さん(2009年8月12日、アクションコミックス)
全6話収録。
『奥様マリの潤いの庭』4話も同時収録。
久枝背徳日記
非常勤古典教師、芥川久枝(34)が生徒の滝岡貴之から告白され、貴之との性行為を通して夫がザイール派遣によるセックスレスでオバサン化していた自分に対して全く遠かった性の目覚め、貴之と久枝が付き合うようになり、一人息子芥川修司が久枝の日記、2人のビデオを見てオナニーをしている。という事実を打ち付けられる久枝、そして修司と久枝の一夜限りの近親相姦を日記調に紹介する。市場には通さず同人誌で発売したが2010年にエンジェルコミックより上下巻として市販された。序盤は授業時間に愛しあい、多くを自習にした事で校長から厳重注意されるというオチがついたコメディタッチだったが、修二が登場する3話からは久枝、修司、滝岡の三角関係によるシリアスなものに変わっていった。
  • 久枝の背徳日記(2000年11月、TOENCOMICS
  • 久枝背徳日記1~7(同人誌)
  • 主婦久枝の日記(2004年4月、TOENCOMICS22)
  • 久枝背徳日記 完全版 上下巻(2010年7月、エンジェルコミックス)
はだかのくすりゆび
別冊漫画ゴラク』掲載。主人公・戸田みどりは、娘のお見合い相手である松下志人から告白され、行為に及んでしまう。爛れた関係に溺れていく2人。その2人の行為を見た娘摩耶はある行動を起こす…。
  • はだかのくすりゆび1(2009年1月1日、ニチブンコミックス)
  • はだかのくすりゆび2(2009年9月20日、ニチブンコミックス)
  • はだかのくすりゆび3(2010年7月、ニチブンコミックス)
密やかに熟れる花(作・宇野みづき)
アクションピザッツ』掲載。
  • 密やかに熟れる花(2011年3月、アクションコミックス)
ものかげのイリス
『別冊漫画ゴラク』連載中。
  • ものかげのイリス1(2011年4月、ニチブンコミックス)
三日月がわらってる
月刊ヤングチャンピオン烈』連載中。
  • 三日月がわらってる1(2011年10月、ヤングチャンピオン烈コミックス)
ひるがお
メンズヤング』で連載開始、2011年末の休刊に伴い2012年より『アクションピザッツ』に移行し連載中。
  • ひるがお1(2012年3月、アクションコミックス)

単作品[編集]

  • 千景(2003年1月、アクションコミックス)
  • 淫彩・この熟女は夜に喘(な)く(2003年5月、TOENCOMICS)
  • この熟女は夜に喘(な)く(2011年5月、エンジェルコミックス)前述のトーエンコミックス版の再版となる
  • ボクノアイジン[限定版]艶盤CD付き(2007年2月14日、富士美コミック
  • みさき☆センセーション(1993年10月9日、集英社ジャンプコミックス)※廣瀬良多名義
  • 特殊派遣教師・日生子2(1993年12月、月刊少年ジャンプ)※廣瀬良多名義、単行本未収録
  • お隣さんからデリバリー

共同作品[編集]

シリーズ
  • 我妻姉弟 純情編(2007年10月25日、原作:みなかみゆう、富士美コミック)
  • 我妻姉弟 背徳編(2008年7月25日、富士美コミック)
単作品

外部リンク[編集]