船井幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

船井 幸雄(ふない ゆきお、1933年1月10日 - 2014年1月19日[1])は、大阪府出身の経営コンサルタント。死後の著書等は舩井幸雄名に変えられた。

経歴[編集]

大阪府立河南高等学校卒業、1956年京都大学農学部農林経済学科卒業。株式会社船井総合研究所(創業時は日本マーケティングセンター。13人で日本マネジメント協会から独立)の創業者。株式会社本物研究所、船井メディア、船井財産コンサルタンツ、船井本社の各社代表取締役会長。

2014年1月19日、肺炎のため死去。81歳没[1]

思想[編集]

”、“波動”、“宇宙意識との調和”、“潜在意識の開発”、“あの世”などの宗教的なキーワードをよく使う。出口王仁三郎日月神示プラス思考の影響が強い。

船井が伝えたいポイントは、著作によりまちまちだが、表現を変えながらも繰り返し勧めるキーワードは、「素直、プラス発想、勉強好き、なら成功する」「全ての物事に感謝しながら生きよ」「短所を見ず、長所を伸ばせ」「人からもらうことより人に与えることを考えよ」「思いは実現する」(プラス思考)「全ては「必要」「必然」「ベスト」」「過去オール善」などである。

一方で、亡くなる直前の2014年1月6日に自身サイトで公開した文章では『いまの世の中は、スピリチュアルなこととか食とか遊びなど、どうでもいいことに浮かれている人に、かなり焦点が当っています。一度そのようなどうでもいいことは忘れ、現実人間にもどってほしいのです。いまさらスピリチュアルやおいしいものに夢中になるという時ではありません。』と述べている[2]

地域一番店戦略[編集]

経営コンサルティングの手法としては『地域一番店戦略』が有名。これは、1970年代に渥美俊一が唱えた『チェーンストア理論』の対局を為す小売戦略として、多くの地域小売業者に支持された。

丸井会長の青井忠雄、伊勢丹出身で松屋東武百貨店を再建した山中鏆と昵懇で、三人会と称する会合を定期的に開いていた。東武百貨店が東洋一の百貨店を池袋にリニューアルオープンした際の戦略も、地域一番店戦略がベースとなっている。そごうも影響を受けた。

また、船井総合研究所3代目代表取締役社長の小山政彦から「歩く即断力」と形容されているほど決断力に富んでいる[3]

著書[編集]

著書は400冊を超える。

脚注[編集]

  1. ^ a b 船井総研創業者の船井幸雄氏が死去 財経新聞 2014年1月22日
  2. ^ 舩井幸雄.com - 2014年1月6日「いま一番知らせたいこと、言いたいこと」
  3. ^ 小山政彦著『9割の会社は社長で決まる』(中経出版、2011年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]