般若の面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
般若の面

般若の面(はんにゃのめん)、般若面、あるいは単に般若は、「嫉妬恨みの篭る女の顔」としての鬼女の能面

本来、「般若」 (サンスクリット: प्रज्ञा, prajñā) は仏教用語で、その漢訳語「智慧」(日常用語の「知恵」とは意味が少し違う)の同義語である。しかし、語義と面の関係は薄い。

一説には、般若坊という僧侶が作ったところから名がついたといわれている。あるいは、『源氏物語』の葵の上六条御息所の嫉妬心に悩まされ、その生怨霊にとりつかれた時、般若経を読んで御修法(みずほう)を行い怨霊を退治したから、般若が面の名になったともいわれる。

能では、葵上道成寺黒塚などで般若の面が用いられる。

仏教用語としての般若が一般的でなくなった現代日本では、「般若」を「般若の面」の意味で、さらには、「嫉妬や恨みのこもる女性」という意味で用いることもある。

フィクションにおける般若の面[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]