航空機動作戦師団 (ドイツ連邦陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
航空機動作戦師団
DLO.svg
航空機動作戦師団章
創設 2002年7月1日
廃止 2014年
再編成 2011年10月
所属政体 ドイツの旗 ドイツ
所属組織 ドイツ連邦陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 ヘリボーン特殊部隊を含む
人員 約14,500名
所在地 ファイツヘーヒハイム
標語 Nach vorn
(前へ)
主な戦歴

コソボ紛争
アフガニスタン戦争

テンプレートを表示

航空機動作戦師団(こうくうきどうさくせんしだん、ドイツ語Division Luftbewegliche Operationen略称DLO)は、ドイツ連邦陸軍師団のひとつ。空中機動作戦師団と訳されることもある。2002年7月1日に海外派兵を目的に創設された、ドイツ軍初の空中機動部隊であり、同年10月8日には早くも任務についていた。総兵力14500名の大部隊で、その内350名がドイツファイツヘーヒハイムに置かれた師団本部に所属していた。

2011年10月、連邦国防省はドイツ連邦軍全体の再編と縮小を発表、その結果創設から10年弱で『航空機動作戦師団』は解隊が決定、解隊されない部隊はいずれも、他の部隊へ転属となるか他の師団に配置転換となった。また、2014年までに師団本部も解散となり、ジークマリンゲンからファイツヘーヒハイムに移転となった第10機甲師団に統合された。

概要[編集]

近年、先進各国で『軍隊を平和利用しよう』とする圧力が強くなり、各国は第三世界に軍隊を派遣して平和維持活動などを行うようになった。国連決議やNATO決議など、国際世論が納得する場で軍を派遣するか採決される。それに従うことが、国際社会の一員として必要不可欠なものである。また、NATOに加盟している国は、NATOが決議したら、どのような理由があろうとも軍を派遣する必要があり、すぐに展開できるように平時より訓練を重ねている。そういった流れを受け、2002年7月1日にドイツ連邦陸軍で編制された部隊が、この航空機動作戦師団であった。

展開[編集]

DLOは設立後、国連もしくはNATOの後ろ盾の下、数々の作戦で展開されていた。

編制[編集]

航空機動作戦師団の幕僚はファイツヘーヒハイムの師団本部に所属し、DLO所属部隊はドイツ連邦陸軍の様々な部門から配置換えとなって編成されていた。これらの部隊は全てドイツ連邦南部と中央の基地に駐屯している。

以下の部隊は「航空機動作戦師団」直属、もしくは隷属部隊である:

部隊名 所属駐屯地 記章 備考
第12音楽隊 ファイツヘーヒハイム
HMusKorps 12.svg
ドイツ連邦軍統合音楽隊に転属
師団通信大隊 ファイツヘーヒハイム
FmBtl DLO.svg
解隊
第30軽輸送ヘリコプター連隊 ニーダーシュテッテン
THRgt 30.jpg
緊急展開師団へ移管予定
第15中型輸送ヘリコプター連隊『ミュンスターランド ライネ
THRgt 15.jpg
2013年3月7日に解隊。ヘリコプターはドイツ空軍『第64ヘリコプター飛行団』に移管[1]
第25中型輸送ヘリコプター連隊アッパーシュヴァーベン ラウプハイム
MTHRgt 25.svg
2013年3月5日に解隊。ドイツ空軍『第64ヘリコプター飛行団』として再編される[2]
第345砲兵訓練連隊 クーゼル
PzArtBtl 345.jpg
イダー=オーバーシュタインに移転され第10機甲師団隷属となった[3]
第750CBRN防衛連隊『バーデン ブルッフザール
ABCAbwRgt 750.jpg
大隊規模に再編される戦力基盤軍の一部となる。
第120軽CBRN防衛中隊 ゾントホーフェン
ABCAbwKp 120.jpg
解隊
第12支援任務大隊 ハルトハイム
SichBtl 12.jpg
旧「第12装甲防空大隊」は解隊[4]。第10機甲師団隷属に。
陸軍戦闘支援旅団 ブルッフザール
HTrKdo.png
2012年12月31日に解隊
第1航空機動旅団 フリッツラー
LBwglBrig 1.png
解隊

以下の部隊は第1航空機動旅団に従属、もしくは従属していた。

部隊名 所属駐屯地 記章 備考
旅団司令部付隊 フリッツラー
DLO.png
解隊
第1猟兵連隊 シュヴァルツェンボルン
JgRgt 1.jpg
第21装甲旅団に一時転属[5]。その後、当連隊は解体され「第1軽歩兵大隊」に改編される。
第10軽輸送ヘリコプター連隊『リューネブルガーハイデ ファスベルク
THRgt 10.jpg
緊急展開師団へ移管予定
第26攻撃ヘリコプター連隊『フランケン ロート
KHRgt 26.jpg
解隊
第36攻撃ヘリコプター連隊『クールヘッセン フリッツラー
KHRgt 36.jpg
緊急展開師団へ移管予定

下記:編成確定後のDLO部隊構成

  • 師団司令部付隊
  • 師団通信大隊
  • 第12音楽隊
  • 第15中型輸送ヘリコプター連隊
  • 第25中型輸送ヘリコプター連隊
  • 第30軽輸送ヘリコプター連隊
  • 第1航空機動旅団
    • 旅団司令部付隊
    • 第26攻撃ヘリコプター連隊
    • 第36攻撃ヘリコプター連隊
    • 第10軽輸送ヘリコプター連隊
    • 第1猟兵連隊
  • 陸軍戦闘支援旅団
    • 旅団司令部付隊
    • 第345砲兵訓練連隊
    • 第750NBC連隊
    • 第12装甲防空大隊
    • 第12軽NBC中隊
    • 第300軽防空中隊

第1猟兵連隊は、本部中隊・2個軽歩兵中隊・2個機械化歩兵中隊・1個工兵中隊・1個軽対空中隊・1個後方支援中隊・1個兵站中隊・1個教育中隊の10個中隊からなり、軽歩兵中隊の中には『特殊作戦小隊』と呼ばれる部隊が存在した。この小隊には、特殊部隊KSK』のメンバーが多数所属していた。

歴代司令官[編集]

氏名 着任 離任
4 ベネディクト ズマー准将 2012年12月20日 ---
3 エアハルト ドレウス少将 2009年2月12日 2012年12月20日
2 カール·フーベルトゥス フォン バトラー少将 2005年8月25日 2009年2月12日
1 ディーター バッド少将 2002年創設時 2005年8月25日

配備機材[編集]

装甲車両[編集]

ヘリコプター[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ Schnief, Matthias (6 March 2013), “Bundeswehr: Der letzte Akt für die "15er"” (German), Münsterländische Zeitung, http://www.mv-online.de/Region-Rheine/Rheine/Rheine-Bundeswehr-Der-letzte-Akt-fuer-die-15er 2013年4月11日閲覧。 
  2. ^ Ray, Roland (5 March 2013), “Der General rollt die Fahne ein” (German), Schwäbische Zeitung, http://www.schwaebische.de/region/biberach-ulm/laupheim/stadtnachrichten-laupheim_artikel,-Der-General-rollt-die-Fahne-ein-_arid,5403578.html 2013年3月6日閲覧。 
  3. ^ “Kusel - Vor dem 1. Juli passiert mal noch nichts” (German), Die Rheinpfalz, (27 February 2013), http://www.rheinpfalz.de/cgi-bin/cms2/cms.pl?cmd=showMsg&tpl=rhpMsg_thickbox.html&path=/rhp/lokal/kus&id=91-8960119 2013年4月23日閲覧。 
  4. ^ “Sicherungsbataillon 12 > Geschichte” (German), Startseite Heer, (19 December 2014), http://www.deutschesheer.de/portal/a/heer/!ut/p/c4/DcfLDYAgDADQWVygFY_e3EK98WlKI0FiG0ycXvJOD08cqu_C3uSuvuCOR5Q1vJCJHkhCVU0N3Ny-JB24JAaVmIMVtwCTxjxmhO3aph_LzrSg/#par3 2015年2月23日閲覧。 
  5. ^ Wilfried, Bosak (2012年12月19日). “Ein Schritt in Richtung Zielstruktur - 1.500 neue Soldatinnen und Soldaten für die Panzerbrigade 21 "Lipperland"” (German). Federal Ministry of Defence. 2015年2月23日閲覧。