航海練習船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本丸(名古屋港にて)

航海練習船(こうかいれんしゅうせん)は外洋での航海術を習得するために建造もしくは改装された練習船である。独立行政法人航海訓練所の帆船日本丸海王丸などがよく知られている。

この種類の艦船は、海上自衛隊においては練習艦と、海上保安庁においては練習船と呼称している。

日本の主な練習船[編集]

銀河丸(名古屋港にて)

独立行政法人 航海訓練所 練習船[編集]

  • 帆船
    • 日本丸 - 初代は、1930年(昭和5年)に進水した帆船である。二代目の就航に伴い、用途廃止され、現在は日本丸メモリアルパークに係留展示されている。二代目は、昭和59年に就航。帆を広げたときの姿から、「太平洋の白鳥」と呼ばれる。
    • 海王丸 - 日本丸の姉妹船。初代海王丸は、初代日本丸と共に、1930年(昭和5年)に進水。二代目の就航に伴い、用途廃止され、現在は富山県射水市の海王丸パークに係留展示されている。二代目は、平成元年に就航。平成16年10月20日、防波堤に座礁する事故が発生。平成18年1月5日、修繕を終え再就役した。海王丸においては財団法人海技教育財団から一般人も体験航海として乗船することができる。海王丸は「海の貴婦人」と呼ばれる。

地方自治体所属船[編集]

学校所属船[編集]

汐路丸(隅田川にて)
海鷹丸(晴海埠頭にて)
神鷹丸(晴海埠頭にて)

そのほかに、水産高校海上技術学校においても練習船を保有している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]