舌状回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 舌状回
Gray727 lingual gyrus.png
左大脳半球の内側面。オレンジ色の所が舌状回。
Medial surface of cerebral cortex - lingual gyrus.png
右大脳半球の内側面。画像右側、矢印の先、ピンク色の所が舌状回。
名称
日本語 舌状回
英語 Lingual gyrus
ラテン語 gyrus lingualis
略号 LiG, LgG, GL
関連構造
上位構造 側頭葉後頭葉
動脈 後大脳動脈
画像
Digital Anatomist 内側
内側
下方
関連情報
Brede Database 階層関係、座標情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

後頭葉にある舌状回(ぜつじょうかい、: Lingual gyrus)は、鳥距溝側副溝の後部の間に存在する脳回。その後部は後頭極、その前部は側頭葉のテント面まで続き、海馬回ともつながっている。舌状回という名前はその形が舌に似ていることから付けられた。

この領域は視覚、特に大きさやフォントなどに関わらず、単語の認知に重要な役割を持っていると信じられている。

画像[編集]

外部リンク[編集]

大脳脳回
外側面 外側溝内部 内側面 - 上部
脳底部 - 眼窩面 脳底部 - 側頭葉下面 内側面 - 下部