興南物産 (熊本県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
興南物産株式会社
Kounan Bussan Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
862-0967
熊本市流通団地1-13
設立 1973年9月12日
業種 食料品
事業内容 食品・飲料水卸販売、酒類卸小売販売
代表者 香月則宏(代表取締役社長)
資本金 1億7740万円
売上高 7538968千円(2004年度)
従業員数 51人
決算期 12月
主要株主 [1]
特記事項:特記したもの以外は『くまもと企業白書2006』の記述による[2]
テンプレートを表示

興南物産株式会社(こうなんぶっさん)は、熊本県熊本市に本社のあった卸売業者南九州コカ・コーラボトリングの100%出資子会社として設立され、清涼飲料、酒類、有機栽培食品などを扱う。

沿革[編集]

1983年には日本カナダドライと生産・販売契約を締結し、南九州4県でジンジャーエールの販売を開始した[3]。翌1984年には一般向け飲料販売のさらなる強化のため、自社製品の缶コーヒーを「ボアビスタ」のブランド名で販売開始した[4]。1998年には鹿児島産の有機栽培茶を使用した「有機栽培お茶」をペットボトルと缶入りで発売、ペットボトルによる有機栽培茶の販売は業界初の事例となった[5]

  • 1973年9月12日 - 設立
  • 2001年1月12日 - 株式会社興南物産を分社
  • 2006年1月31日 - 解散
  • 2008年2月29日 - 株式会社興南物産解散

脚注[編集]

  1. ^ 『平成17年版 東商信用録(九州版)』東京商工リサーチ福岡支店、2005年、958ページ。ISBN4-88754-390-5。
  2. ^ 『くまもと企業白書2006 平成18年版』くまもと経済・地域経済センター、2005年、480ページ。ISBN4-990281-70-5
  3. ^ 「ジンジャーエールで南九州のFC契約 興南物産」『日経産業新聞』昭和58年(1983年)11月18日付23面。
  4. ^ 「缶入りコーヒー 南九州四県で発売 興南物産」『日経産業新聞』昭和59年(1984年)6月16日付9面。
  5. ^ 『西日本新聞』1998年8月20日付朝刊7面。

外部リンク[編集]