至聖三者大聖堂 (プスコフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プスコフのクレムリン内にある至聖三者大聖堂の遠景。

プスコフ至聖三者大聖堂(しせいさんしゃだいせいどう、ロシア語Троицкий собор or Троицкий храм[1])は、ヴェリーカヤ川の東岸に位置するプスコフのクレムリン[2]にある。1589年より、プスコフ教区の母教会となっている。

最初の木造の至聖三者大聖堂は10世紀に建てられたが、1138年に石造に改築された。数世紀を通じて聖堂は崩壊と再建を繰り返し、現在建っているものは1699年のものである。

大聖堂の高さは256フィート。聖公フセフォロド・ムスティスラヴィチ(ガウリイルとの名でも知られる・1138年永眠)とドヴモント( - 1299年)の墓がある。

現在のプスコフ主教1993年2月より、大主教エウセヴィイ(ニコライ・アファナシエヴィチ・サヴィン)である。

脚注[編集]

大聖堂近くからの撮影
  1. ^ ロシア語のсоборは、主教座聖堂であるか否かに関わらず、主要な教会に用いられる単語である。これを日本語では大聖堂もしくは大寺院と翻訳するが、日本正教会では大聖堂と翻訳される。
  2. ^ 一般に日本でクレムリンと言えばモスクワのクレムリンを指すが、ロシア語での「クレムリン(Кремль・クレムリ)」は普通名詞であって「城塞」を意味する。本記事でも述べているようにプスコフにもクレムリンがあるが、他にはカザン・クレムリンがクレムリンとして有名である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]