至福 (オラトリオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

至福Les Béatitudes)M. 53は、セザール・フランク1869年から1879年にかけて作曲したオラトリオ

概要[編集]

この曲はジョゼフィーヌ・コロム(Joséphine Colomb)によるマタイの福音書真福八端に基づく詩的瞑想を歌詞としている。初演は1879年2月20日パリのフランク宅において抜粋版の演奏として私的に行われた。全曲演奏による初演はフランクの生前には果たされず、1893年3月19日ケルンでの演奏が初めてとなった。

演奏時間は約2時間弱であり、フランク作品の中でも最大の規模を誇る。編成は合唱と8人の独唱者(ソプラノメゾソプラノコントラルトテノール2、バリトンバス2)及び管弦楽

曲はプロローグと8つの部分に分かれる[1]

  • Prologue (プロローグ)
  • I. Bienheureux les pauvres d'esprit (心の貧しい人は幸いである[2]
  • II. Bienheureux ceux qui sont doux (柔和な者は幸いである[2]
  • III. Beinheureux ceux qui pleurent (悲しむ者は幸いである[2]
  • IV. Bienheureux ceux qui ont faim et soif de la justice (義に飢え渇いている者は幸いである[2]
  • V. Heureux les miséricordieux (あわれみ深い者は幸いである[2]
  • VI. Bienheureux ceux qui ont le cœur pur (心のきよい者は幸いである[2]
  • VII. Bienheureux les pacifiques (平和をつくる者は幸いである[2]
  • VIII. Bienheureux ceux qui souffrent persécution pour la justice (義のために迫害されている者は幸いである[2]

主な録音[編集]

脚注[編集]

出典

  1. ^ Franck Les Béatitudes reduction for piano accompaniment (PDF)”. 2013年12月9日閲覧。 ファイルサイズが15.31MBと大きいため注意。
  2. ^ a b c d e f g h 邦訳に際しては右記サイトを参考にした。World Language Bible 「マタイの福音書」”. 2013年12月9日閲覧。他の訳例に関しては真福九端、祈祷文本文等を参照のこと。

出典[編集]

  • 楽譜: 歌詞英訳、ピアノ伴奏版 G.SCHIRMER, New York

外部リンク[編集]