臭化カルボニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臭化カルボニル
Carbonyl bromide[1]
識別情報
CAS登録番号 593-95-3
特性
化学式 COBr2
モル質量 187.818 g/mol
外観 無色の液体
密度 2.52 g/ml(15℃)
沸点

64.5℃

への溶解度 (反応する)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -127.2 kJ·mol-1 (液体)
-96.2 kJ·mol-1 (気体)
標準モルエントロピー So 309.1 J·mol-1·K-1 (気体)
標準定圧モル比熱, Cpo 61.8 J·mol-1·K-1 (気体)
関連する物質
関連物質 フッ化カルボニル
ホスゲン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化カルボニル: Carbonyl bromide)は、化学式COBr2で表される化合物。消火剤などに用いられる[2]

反応[編集]

四臭化炭素に硫酸を加えることにより生成される。低温の状況下でも一酸化炭素臭素とに分解する[3]

脚注[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998), Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 3-96, 4-50, 5-26, ISBN 0849305942 
  2. ^ US Occupational Safety and Health Administration (1996年5月). “Common Fire Extinguishing Agents”. 2009年11月21日閲覧。
  3. ^ Katrizsky, Alan R.; Meth-Cohn, Otto; Wees, Charles W. (1995), Organic Functional Group Transformations, 6, Elsevier, pp. 417–8, ISBN 9780080427041, http://books.google.com/books?id=YzBveZGm0GEC&pg=PA417 2009年11月23日閲覧。