自転車通勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーツ姿のライダー

自転車通勤(じてんしゃつうきん)とは、通勤の交通手段に自転車を用いることを指す。自宅から最寄の鉄道駅バス停留所まで自転車を使い、そこから公共交通機関で通勤することも含む場合があるが、本項ではこれを除いたものを扱う。

近年では自転車愛好家を中心にジテツウジテツーまたはチャリ通などと略したり、自転車通勤者を自転車ツーキニストと呼称する者もいる。

自転車通勤奨励策[編集]

ヨーロッパ諸国やアメリカでは、国家や都市自治体が自転車通勤について推進策の策定や数値目標の設定をしている例がある。日本国内にも、自転車通勤を推奨する例が見られる。

名古屋市役所の自転車通勤手当[編集]

2001年3月、名古屋市役所は職員の通勤手当改革を実施した。

  • 自転車通勤者の手当を従来の2倍に、5キロメートル未満の自動車通勤者の手当を半額にした。
  • 5キロメートル未満の場合新制度では、自転車なら月4000円、自動車なら月1000円の手当が支給される。

この結果、自転車利用者は392人増加、自家用車利用者は833人減少した[1]

この改革は、環境都市の確立を目指し、短距離自動車通勤の抑制と自転車利用の促進を図ったもので、金銭面だけでなく環境への貢献という心理的な後押しも効果を発揮したとみられている。環境を意識した施策であるが、発案は直接環境関連業務に従事しているわけではない給与課によるもので、給与課は異動時期になると健康のためにもなるとPRしている。また職員用シャワールームの設置など設備面の整備も進んだ[2]

山口県[編集]

地球温暖化防止の観点から、山口県地球温暖化防止活動推進センターでは、温暖化防止のための自転車通勤をeco2rin(エコツウリン)として自転車通勤拡大キャンペーンを行っている。

シマノ[編集]

自転車部品最大手のシマノでは、通勤手当を自転車の種類によって月2600円から5000円までの範囲で支給している。社員の3割が自転車で通勤する。駐輪場には常に300台以上並び、警備員も配置され、その2階には風呂も完備している[3]

ゴールドウイン[編集]

ゴールドウインは、2010年3月29日から、新たな社内制度として、自転車通勤の運用を開始した[4]

自転車通勤の特質[編集]

メッセンジャースタイルのライダー。着替えを前提とすれば服装も自由

長所[編集]

  • 身体への利点
    • 有効な有酸素運動であり、健康に良い。ダイエット、持久力の向上やストレス解消などにも、効果があると考えられる。
    • 朝の適度な運動は、その後の業務にも好影響をもたらすという考え方もある。
  • 交通環境における利点
    • 公共交通機関や自動車等を使用するのに比べ、交通費・維持費などが安い。
    • 重大交通事故の加害者となる場合が自動車等と比べて極めて少ない。
    • 排気ガスも騒音も出さないため、すべて道路利用者や周辺地域の住民への衛生負荷が低くやさしい。
    • 自動車は1トンを超えるその重量ゆえに道路を傷めてデコボコ、くぼみ等で劣悪化させるが、自転車は軽量なので道路を痛めず優しい。ゆえに重量税も課されない。
    • 交通取締りの対象になることが極めて少ない。
    • 渋滞の影響を受けることが少なく、定時性が高い。
    • 一般に、他の車両に比べて市街地での保管場所の確保が容易である。駐輪場では、原動機付自転車より排気量が多い車両の利用は認めず、実際上自転車しか使用できない場合がしばしばある。
    • 都心部においては、公共交通や渋滞する自動車よりも速く移動できる場合が多い。
  • パーソナルな移動手段であることによる利点
    • 街や地形、季節感の発見ができる。自転車は機動性が高いので、通勤経路を変更して附近の繁華街・施設などに気軽に立ち寄ることができる。
    • 自転車は公共交通機関を使う場合より経路設定の自由度が高く、乗換えの手間・時間も必要としない(シームレス・トランスポーテーション - 継ぎ目のない交通)。
    • 自宅から最寄り駅までの距離や公共交通の混雑に悩まされなくなる。痴漢痴漢冤罪の恐れもない。
    • 列車やバスの運行時間に束縛されない。
    • 外勤を常とする業種の場合、勤務先に拘束されず営業活動ができる。
  • 自動車等と違い排気などの汚染物質を出さないので、環境への負荷が小さい。
  • 比較的多くの荷物を運ぶことができる。特に書籍や電子機器には振動も少なく運ぶことができ、防水対策さえ施せば安全に運べる。

短所[編集]

  • 安全に配慮した運転を怠れば、他の車両と比べて交通事故被害者となる場合がやや多い。但し、自転車はその軽量さとスリムな占有面積、速度ゆえに重大交通事故加害者となる場合は圧倒的に少ない。
  • 自宅と勤務先との距離的な課題の解決面。公共交通等と自転車の組み合わせスタイルで解決できる場合も多い。
  • 発汗により濡れた衣服の課題(速乾性、機能性の高いものが望ましい。職場のロッカーで背広とジャージもしくは乗車に適した服装を着替えられる場合もあり、また、昨今は自転車通勤者用の背広の開発も進んでいる)
  • 自転車は季節を全身で感じられる、ゆえに天気の影響を受けやすい。日本国内だと、北海道、東北、北陸、上信越地方などの冬季では、自転車用スパイクタイヤへの変更が必要。雨対策としてのレインウェアも求められる。
  • 自動車盗難と同様に盗難のリスクがある。但し、盗難時の被害額は基本的に自転車のほうが低い。
  • 自動車への対応に一定の技術が必要。現代日本の道路は、多くの自転車利用者が安全快適に走行できる成熟した設計構造が為されていない不設計な箇所が散見され、自動車の路上駐車違法駐車対策も徹底されておらず、自転車道・自転車通行帯等の自転車安全円滑走行環境の整備及びネットワーク化も日本は先進諸国と比べて大きく整備が遅れている等、課題が多い。
  • メンテナンスを怠れば、他の車輌同様に故障・パンク等が発生する場合もある。熟練した自転車利用者は、携帯用空気入れや交換チューブ、マルチツール等を駆使してその場で直す。
  • 移動の時間、健康増進、有酸素運動にもなり景色や季節を全身で感じられるが、基本的に、読書や仮眠など、運転以外のことができない。
  • 勤務先の理解が得られない場合困難。体力消耗による業務効率低下の心配、交通事故被害不安などを理由として公認されないことがある。逆に、長所項目にもあるように、自転車通勤により意識が目覚め、身体の芯も鍛えられ、病気を寄せ付けない身体ともなりうるため、安定した作業能率が高まる場合もある。また、排ガスも騒音も出さないため地域環境負荷が低く、他種車輌より軽量・省占有面積、低速度のため加害性の点において安全性が高いゆえ、自動車より重大加害事故は格段に減り、環境面でも交通面でも企業イメージアップにもつながりやすい。メタボリック症候群の蔓延課題解決が求められているなか、自転車は健康増進効果も高いため、自転車通勤が見直されつつある。
  • 通勤手当が出ないことが多い。
  • 勤務先(あるいはその附近)に駐輪場所が必須。更衣室も必要になる場合もある。

事前の準備[編集]

自転車の選定[編集]

毎日の通勤なので肉体に負担がかからない車種が適している。以下例示するが、もちろん乗り手の都合が第一である。

  • シティサイクル - いわゆる「ママチャリ」。条件次第では、一般的なイメージに反して速さを保つことができ、必ずしも車道走行も苦ではない。しかし臀部に負担がかかり、長時間・長距離の走行には不向き。更衣室での着替えをせず乗車時に背広を着用したままでも、裾がクランクに巻き込まないバンドを締める必要が無い。
  • ミニベロ - 発進・停止を頻繁に繰り返す市街地での利用に適する。折りたたみモデルであれば条件次第では職場に持ち込むことも可能で、盗難の被害から免れることができる。長距離の通勤には不向き。
  • ロードバイク - 高速走行に適するが、軽量化を追求した高級モデルは段差に弱く、一般に高価である。ロードバイクに限らないが、有名ブランドの自転車は、盗難の心配があり、保管場所の確保が問題となる。低価格のフラットバーロードは街乗り向けの特性を持っていることが多く、自転車通勤に向いている。
  • マウンテンバイク - 段差が多い場合に走りやすいが、通勤経路は一般に舗装路であり、太いブロックタイヤは速さの点で不利と考えられる。オンロード向きのタイヤへの交換が勧められる。
  • クロスバイク - ロードバイクとマウンテンバイクの中間的な車種で、街乗りに向いている点や価格帯などから、特に初心者にハードルが低い。自転車通勤向きの自転車として薦められることが多い。
  • シクロクロス - 不整地走行に対応した競技用自転車。比較的軽量で高速走行に適し、長距離の走行でも負担が少ない。頑丈で段差にも強く、自転車通勤に向いている。クロスバイクより上級者向け。
  • リカンベント - 乗車姿勢は楽で遠距離でも負担が少ない。しかし坂道に弱く、高価。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 古倉宗治 『自転車利用促進のためのソフト施策 : 欧米先進諸国に学ぶ環境・健康の街づくり』 ぎょうせい2006年、172頁。ISBN 4324080070
  2. ^ 石田久雄、古倉宗治、小林成基 『自転車市民権宣言 : 「都市交通」の新たなステージへ』 リサイクル文化社2005年、108頁。ISBN 4434056077
  3. ^ 「風きって通勤 増えてます」 『朝日新聞』 2005年5月13日 朝刊25面
  4. ^ “ゴールドウイン「顧客視点の浸透」と「社員の健康、エコ通勤による環境意識の向上」を目指してスポーツ業界初の「自転車通勤」を社内制度化” (プレスリリース), ゴールドウイン, (2010年5月6日), http://www.goldwin.co.jp/corp/pr/2010/05/post-31.html 2011年7月5日閲覧。