自由の人民 (イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政党
自由の人民
Popolo della Libertà
People of Freedom logo.PNG
党首 シルヴィオ・ベルルスコーニ
下院議員団長 ファブリツィオ・チッキット
上院議員団長 マウリツィオ・ガスパッリ
成立年月日 2007年11月18日(結成)
2009年3月27日(結党)
解散理由 党内分裂
後継政党
代議院議席数
238 / 630   (38%)
(2010年7月31日)
元老院議席数
144 / 315   (46%)
(2010年7月31日)
政治的思想・立場 キリスト教民主主義自由主義保守
公式サイト il Popolo della Libertà
シンボル 党章
テンプレートを表示

自由の人民(じゆうのじんみん、: Popolo della Libertà, PdL)は、イタリア政党。日本の報道機関では自由国民と表記される。また、外務省ホームページでは「自由国民党」と表記されている[1]

政党連合自由の家」を構成していた中道右派政党のフォルツァ・イタリア国民同盟などが、合流を視野に、2007年11月、政党連合として結成。2008年総選挙で、イタリア議会上下両院で連合に参加した北部同盟と共に圧倒的過半数を占めることに成功し、シルヴィオ・ベルルスコーニ政権の与党となった。そして、翌2009年3月末に政党化された。2010年以降、ベルルスコーニの相次ぐ汚職とそれに対する免責運動により党内対立が生じ、イタリアのための未来と自由(LFI)、イタリアの同胞・国民右翼(FdI–CN)、新中道右派(NCD)が分派するなど求心力が低下していった。

2013年11月16日、ベルルスコーニは党の解散を執行部で決定し、自派議員のみで旧フォルツァ・イタリア(FI)を再結党した

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 外務省:イタリア共和国

関連項目[編集]

外部リンク[編集]