自己愛性災害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自己愛性災害(1905)

自己愛性災害(じこせいあいせいさいがい、Autoerotic fatality)とは、一風変わった、危険な単独による性的実践、自縛や自己発情窒息(en:Autoerotic asphyxia)による死亡事故である。とはいえ、自己愛性災害には、実にさまざまな様式がある。もっとも蔓延している自己愛性災害は、窒息(en:strangulation)と体位性窒息(en:postural asphyxia)であるが、自己愛性災害は、感電死胃腸穿孔(en:Gastrointestinal perforation)、圧縮、偶発的自己串刺しによる敗血症といった、機械的要因によっても生じている。

自己愛性災害の発生件数は、著名人[1]を含め、正確には把握されていない。

自己愛性災害は、発生直後にはそうと認識されず、自殺と認識、報道されることもある。[2]

自己愛性災害の課題を包括的に採り上げている本は、Hazelwood et al. (1983)のAutoerotic Fatalitiesや、Sheleg et al. (2006)のAsphyxiation: Forensic, Medical, and Social Aspectsがある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

関連文書[編集]

外部リンク[編集]