自作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自作(じさく)とは、個人で用いるために製品を組み立てたり、作品を創作したりすること。例えばパーソナルコンピュータなどの機械装置部品を買い集めて組み立てたり、あるいは自らが楽しむために作品を制作することである。

その多くでは、専門家ではないアマチュア趣味で作ることにもちなみ、職業として作成されたものと比較すると些か完成度という面で見劣りがする傾向も否めない。ただ、自らが制作し自ら利用することから、利用者がその事物に抱く愛着は並々ならぬ傾向があり、ともすれば傍目には粗末な素人細工を身贔屓で至上のものとして誉めそやすなど滑稽となってしまう傾向もあるが、他方では趣味性からコスト度外視で制作された事物が、市販の製品を越えるケースも珍しくは無く、そういったマニアの自作物は高度な意匠が認められる場合もある。

なお別の意味合いが入ってくるが、「言葉」を自作してしまう者もいる。いわゆるバズワードなどは、専門用語ではないが専門用語風の響きを持つ「自作語」(造語)である。

自作に関する記事[編集]

自作に関連するその他の趣味・傾向[編集]