臨ショウ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「臨漳県」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
中華人民共和国 河北省
簡体字 临漳
繁体字 臨漳
拼音 Línzhāng
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
河北
地級市 邯鄲市
行政級別
建置 戦国
面積
総面積 744 km²
人口
総人口(2004) 59 万人
経済
電話番号 0310
郵便番号 056600
行政区画代碼 130423

(りんしょう-けん)は中華人民共和国河北省邯鄲市に位置するが流れる。

歴史[編集]

春秋時代斉国によりが築かれた。戦国時代には陪都となる。が中国を統一すると邯鄲郡の郡治とされたが、前漢では魏郡の郡治とされ、が設置された。後漢になると213年建安18年)に曹操が魏公に封じられ、この地を国都としている。

313年建興元年)、西晋によりと改称されたが、南北朝時代には東魏によりと改称、同時にを分割設置し両県が並存するようになった。

1072年熙寧5年)、宋朝県を廃止し、臨県に編入した。元末に廃止されたが、明朝が成立すると1368年洪武元年)に再設置され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:臨鎮、孫陶鎮、柳園鎮、南東坊鎮、称勾集鎮
  • 郷:習文郷、西羊羔郷、杜村集郷、狄邱郷、張村集郷、柏鶴集郷、磚寨営郷、香菜営郷、章里集郷
中国地名の変遷
建置 古代
使用状況
春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋十六国
南北朝 県・
県・
県・
五代 県・
北宋/
南宋/
中華民国
現代