膿盆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
膿盆
いろいろな膿盆

膿盆(のうぼん、:kidney dish :Nierenschale)は医療器具の一つで、ソラマメのような形をしたトレイのことである。

ソラマメのような形をしている(くぼみがある)のは、嘔吐する際にそのくぼみの部分を顔に当てるなど、体に密着させやすくし、液体がこぼれないようにするためである。

主に医療機関などでさまざまな用途に使用されている。

用途[編集]

膿盆は、吐物や膿汁などの各種液体を受けたり、外傷処置時のゴミを入れたり、医療器具や切除・摘出したものなどを一時的に入れておくのに使用される。

サイズや深さはいろいろあり、用途に応じて使い分ける。

材質[編集]

材質は金属ステンレス)製が主流だが、プラスチック製や製のものもある。また、金属製以外のものではディスポーザブル(使い捨て)の製品もある。