腹毛動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
腹毛動物門 Gastrotrichia
Gastrotrich.jpg
分類
: 動物界 Animalia
上門 : 扁形動物上門 Platyzoa
: 腹毛動物門 Gastrotrichia
学名
Gastrotrichia
和名
腹毛動物門

腹毛動物(ふくもうどうぶつ、学名:Gastrotrichia)とは、淡水および海産の微小な多細胞動物である。現在では独立の動物門と考えることが多い。

概説[編集]

腹毛動物門は、極めて小さい水中動物で、イタチムシなどを含む動物の総称である。ごく小さな動物であり、顕微鏡でなければ発見できない。後生動物中で最も小さいと言われ、小さいものは70μmそこそこ、大きいものでも1mmに達するものはほとんど無く、たいていは500μm以下である。

特徴[編集]

体は前後に細長く、左右対称で、腹背の区別がある。付属肢などはなく、腹面にある繊毛帯で運動する。また、腹面に粘着腺があって、ものに付着することができる。体表はクチクラで覆われ、や細かい刺をその表面に並べるものが多い。

消化管は体の先端にが開き、直線的に後端近い背面に出る。イタチムシ類では原腎管が一対あり、腹面に開く。縦走筋はあるが環状筋はない。

雌雄同体であるが、同時に成熟することはない。イタチムシ類では雄性器官が発見されておらず、単為生殖を行うのではないかと考えられている。体控の後方に作られる。発生は直接的で、幼生はやや小さいだけで成体とほぼ同じ構造。

水中の藻類や沈殿物の表面やその間をはい回って生活し、微小藻類やデトリタスを食べていると考えられる。寄生性のものはない。オビムシ類には間隙生物であるものも多い。

系統と分類[編集]

原体控を持ち、繊毛で運動することなど、ワムシ類に共通する部分があり、かつては輪形動物の中に含められた。まとめて袋形動物としたこともあった。現在では独立群と見なすことが多い。

腹毛動物門には12科、150種ばかりが知られる。すべてが腹毛綱に含まれ、2目に分けられる。イタチムシ目(毛遊目 Chaetonotida)はほとんどが淡水性。頭部と腹部の間がくびれる。オビムシ目(マクロダシス目 Macrodasyoidea)は、すべてが海産。体は幅が一定の帯状。腹側面には多数の粘着管が配置する。種数はこちらの方が多い。

参考文献[編集]

  • 白山義久編集;岩槻邦男・馬渡峻輔監修『無脊椎動物の多様性と系統』、(2000)、裳華房