腸管関連リンパ組織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

腸管関連リンパ組織(ちょうかんかんれんリンパそしき、: gut-associated lymphoid tissueGALT)とは侵入者から身体を保護する消化管免疫系組織。腸管関連リンパ組織は粘膜関連リンパ組織mucosa-associated lymphoid tissue、MALT)の一種である。

機能[編集]

身体の免疫系の約70%が消化管に認められる。腸管関連リンパ組織はリンパ組織のいくつかの型から発生し、Tリンパ球Bリンパ球のような免疫細胞の産生と貯蔵を行い、病原体に対しての攻撃と防御を実行する。

最新の研究では腸管関連リンパ組織はヒト免疫不全ウイルス(HIV)の主要な活性部位であり、薬物療法は末梢血のHIVの数を減少させることが示唆されている[1][2]

構成要素[編集]

消化管のリンパ組織は下記を含む :

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Moraima Guadalupe,1 Sumathi Sankaran,1 Michael D. George,1 Elizabeth Reay,1 David Verhoeven,1 Barbara L. Shacklett,1 Jason Flamm,4 Jacob Wegelin,3 Thomas Prindiville,2 and Satya Dandekar. Viral Suppression and Immune Restoration in the Gastrointestinal Mucosa of HIV Type 1-Infected Patients Initiating Therapy during Primary or Chronic Infection Journal of Virology, August 2006, p. 8236-8247, Vol. 80, No. 16
  2. ^ Anton PA, Mitsuyasu RT, Deeks SG, Scadden DT, Wagner B, Huang C, Macken C, Richman DD, Christopherson C, Borellini F, Lazar R, Hege KM. Multiple measures of HIV burden in blood and tissue are correlated with each other but not with clinical parameters in aviremic subjects. AIDS. 2003 Jan 3;17(1):53-63.

関連項目[編集]

  • MALTリンパ腫 - 粘膜関連リンパ組織の濾胞辺縁帯Bリンパ球に由来する悪性リンパ腫であり、(MALTの70%がGALTなので、必然的に)消化管に後発する。