脾腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

脾腫(ひしゅ、: splenomegaly)は、脾臓が腫大した状態。巨脾症(きょひしょう)とも呼ばれる。

概要[編集]

脾臓は免疫をつかさどる臓器であり、免疫に関連する疾患で腫大する。また門脈圧亢進症による影響も受ける。骨髄での造血に異常が生じた際には造血の場になることもあり腫大を起こすこともある。[1]

通常は脾臓は肋骨の後部にあり触知出来ないが、脾腫の状態になると触知できることがある。

多くの良性腫瘍と一部の悪性腫瘍は~腫と命名されるが、脾腫は脾臓の状態であり良性腫瘍あるいは悪性腫瘍を意味しない。

原因[編集]

心機能障害、肝硬変などによる門脈圧亢進等の脾静脈血の還流障害、種々の感染症による炎症腫瘍細胞の浸潤、白血病骨髄線維症などの骨髄増殖性疾患、などの原因により脾腫は発生する。骨髄線維症では脾臓造血が起こり著しく巨大な脾腫が認められることがある。

獣医学分野では地方病性牛白血病では10kgを超える腫瘍性脾腫が認められることがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]