脱毛症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
俳優パトリック・スチュワートの禿げ頭
提供: 米国陸軍 [1]
ショーン・コネリー(1980年撮影)。出演作にはカツラは装着・未装着両方がある。

脱毛症(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。通俗的には禿げ(はげ)と言われる。生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。医学的には、毛密度が生来の50%以下に低下した場合を指し、他人から見ても目立つ場合が多いとされる。 最近では女性のレーザー脱毛と混同されることから 薄毛と言われる事が多い。

脱毛症(薄毛)の類型[編集]

男性型脱毛症と脂漏性脱毛症、老人性脱毛症、円形脱毛症、制癌剤の投与などが原因の薬物脱毛症、瘢痕性脱毛症、出産後に起こる産後脱毛症がある。また、精神疾患の抜毛症がある。

男性型脱毛症[編集]

男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。後述するような医学的対処も行われているが、医薬品生活改善薬の一種であり、外科的手法は美容外科手術の一種である。病気の治療ではないので健康保険は適用されない。しかし、男性型脱毛症の大部分を占めるAGAフィナステリドを内服する事で進行を止める事が可能になった。その場合自由診療であり、皮膚科美容外科などの医療機関のみが取り扱っている。

AGAの原因は酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」から生成されたDHT(ジヒドロ・テストステロン)という物質が原因と考えられている。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまう。 5α-リダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、それぞれI型DHTとII型DHTを生成する。 AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプIIの5α-リダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプⅠが多く存在している。 通常、生えた髪の毛は2年~6年は維持されるはず(その後抜け毛となり、また生え変わる)であるが、DHTタイプIIが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまう。 そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えられている。 TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種である。 TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまう。 5α-リダクターゼタイプⅡの阻害薬フィナステリドであり、AGAの進行を防ぐには 現時点でフィナステリドを内服する以外に無い。これは自毛植毛をしても同じ事であり、植毛のドナーは後頭部より持ってくるため 生涯AGAに侵されるリスクは少ないが周囲の毛はAGAの進行とともに弱毛化し抜けて行く。つまり自毛植毛をしてフィナステリドを内服しなければ植毛した毛のみが残る事になりうる。 女性の男性型脱毛症は女性型脱毛の一部に認められ、前頭部から頭頂部にかけて全体的に薄くなる。女性にフィナステリドを投与する事は禁忌となっている。

脱毛症の男性はヨーロッパで多く、東アジアや東南アジアでは少ないとされる[1]。薄毛率が比較的低い東アジア(特に日本と韓国)では、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い。そのように人の劣等感を煽り立てて商売をするいわゆるコンプレックス産業のあり方を疑問視する声もある。

例えば、日本皮膚科学会では、「育毛を掲げたヘアサロンの行き過ぎた行為、発毛に関する誇大な広告、人工毛植毛によるトラブル。医療者向けにまずエビデンス(医学的根拠)を提供したいと考えた」として、男性型脱毛症診療ガイドラインを策定している。 同委員の板見智・大阪大大学院教授によると、「対象とした成分や施術は科学的な検証材料があった。むしろこれに該当しなかった育毛剤や育毛サロンなどは科学的な根拠がないということ」などと指摘している。[2][3]

老人性脱毛症[編集]

人間は60歳を超えると、性差にかかわりなく髪の毛を含む体毛が薄くなっていく。これを老人性脱毛症といい、男性型脱毛症と異なり頭部全体(さらには全身)にわたって毛の減少がある。進行には個人差があり、男性型脱毛症を併発することが多い。

脱毛症への対処[編集]

現在、脱毛症、特に男性型脱毛症は、病気では無いと考えられている。しかし、医学的に治療が可能である。高額な治療費をかけて対処するか否かは、本人の嗜好次第である。

剃髪[編集]

いわゆるスキンヘッド。中途半端に毛髪が残るから悩むのだと考え、完全に毛髪を剃り落としてしまう。一番シンプルで費用がかからない。脱毛症の問題が見た目よりもむしろ本人の精神面にあることを思えば究極の解決方法とも言える。一方で

  • 頭の形が不格好だったり、頭皮に傷がある人はやりにくい。
  • 頭部を保護する毛髪がなくなるので、頭皮を傷つけやすくなり、冬場は寒い。
  • 暴力の象徴と見る地域があり(やくざネオナチなど)、非難の目で見られることもある。
  • 人に与える印象が強い「髪型」であり、何かと人目が集まりやすい。
  • 上記の理由から、外出時は帽子や後述するかつらが欠かせない。

といった問題点もある。

器具による対処[編集]

かつら[編集]

かつらは、人工毛または人毛によりヘアスタイルを作って、頭部に着用する器具のことである。脱毛症の見た目の改善に絶大な威力を発揮し、全禿げの場合は唯一の対処手段であるが、以下のような問題がある。

  • 部分タイプ・全頭タイプのいずれにせよ、メンテナンスに多大な費用がかかる。
以下の理由により、かつらの維持費用は年間50万円程度と言われている。
  • オーダーメイドであるため、一つの製作に数十万円の費用がかかる。但し、実際は急速な脱毛・摩耗を避けるべく、同じものを2つ作るため、通常タイプでも50万円-100万円程度の費用がかかってしまう。
  • 頭に直接付けるものなので、清潔さを保つために定期的に洗わなければならないことから、徐々に脱毛・摩耗する。通常、急速な脱毛・磨耗を防ぐため、複数製作して交換しながら使用する。
  • 部分かつらの場合は製品自体の脱毛・摩耗だけでなく、たとえ治療を行っている最中でも残っている周りの髪の毛のさらなる脱毛が考えられるため、製品自体が合わなくなって整合が全く取れなくなる可能性がある。全頭かつらの場合も製品自体の脱毛・摩耗は避けられないため、いずれにせよ定期的に作り直す必要がある。寿命は修理である程度維持・延長させられることも考えられるが、長くて2年間と言われている。
  • 部分かつら・全頭かつらのどちらでも、かつらの毛は伸びないが、残っている周りの髪の毛は伸びてしまう。さらに部分かつらの場合は先述の通り、もし残っている周りの髪の毛が脱毛した場合、製品自体が全く合わなくなってしまう。いずれにせよ、かつらとの整合が取れなくなるため、脱毛が進んでいない場合はかつらに対する十分な知識をもった美容室理容室にカットしてもらう必要があるし、脱毛が進んだ場合は髪の毛の養毛・発毛・育毛などのメンテナンスとともに、新たなかつらの購入の必要が迫られることになる。もちろん全頭かつらの場合も定期的に剃髪する必要があるが、髪の毛を取り戻すための養毛・発毛・育毛などのメンテナンスも忘れてはならない。
  • かつら自体が悩みになる。
  • かつらにより見た目は改善されるが、かつらをしていることが発覚するのではないかという別の悩みを抱え込むことになる。かつらを使っていても養毛・発毛・育毛などのメンテナンスが必要になるのは、まさにこのためと言える。
  • たとえ見た目が改善され、かつらをしている悩みを抱えなかったとしても、先述の通り、かつら製作後の維持費用が年間50万円程度と、決して小さい額とは言えず、金銭面による悩みを抱え込む場合がある。これは一度作ると髪の毛が改善されない限り、高額の費用が長期にわたってかかるためである。特に部分かつらの場合は髪の毛自体の脱毛から製品自体が全く合わなくなることも考えられ、たとえ作ったとしてもそのたびに作り替えるリスクが伴う。脱毛度合いにもよるが、早ければ1年程度の短期間で新たに100万単位の費用をかけて作り直さなければならない可能性も考えられる。そのため、たとえ部分脱毛であっても、一旦剃髪してから養毛・発毛・育毛を施しつつ、最初から全頭かつらを使う方がリスクが低いとも言える。

増毛[編集]

増毛とは、残っている毛髪に人工毛を接着して、見た目の毛量を増やす施術のことである。当然ながら、接着した毛髪が伸びれば人工毛を付け直さなければならないし、接着した毛髪が抜けてしまえば人工毛も抜けてしまうので、かつら以上に常にメンテナンスが必要になる。

技術的には美容室や理容室で行われているヘアーエクステンションと技術的に同じものであるが、脱毛者向けに営業しているヘアサロンが実施する増毛は細かく本数がはるかに多い。よって、技術時間が長くかかるため、ヘアーエクステンションよりも高額な料金になってしまうことが難点である。

育毛剤と薄毛治療薬[編集]

様々な育毛剤が市販されているが、科学的な臨床実験により実用にかなう発毛作用が確認されている薬品は以下の2種類のみである。この2種類は育毛というよりは薄毛の治療薬に分類されるものである。男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)でも推奨度A(行うよう強く勧められる:少なくとも1 つの有効性を示すレベルⅠもしくは良質のレベルⅡのエビデンスがあること)になっている。

頭皮にふりかける外用薬である。もともとは高血圧の治療薬として開発された薬で、血管拡張作用によって発毛を促すといわれているが、メカニズムには不明な点が多い。頭頂部の毛を増やす効果があり、前頭部や生え際への効果は薄い。最近は内服薬のミノキシジルも登場している。その場合、頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用がある。
内服薬である。頭皮における男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促す。
アメリカの製薬会社メルク社が開発した。日本でも、メルク社の100%子会社である万有製薬(現・MSD)が2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、自由診療(保険外診療)として医師の処方箋に基づいて使用できるようになった。臨床試験では、3年で98%(以上)の人に対して脱毛を食い止める効果があったという。ただし女性に関してはおこなわないよう日本皮膚科学会は注意をしている。また、厚生労働省から女性と子どもへの摂取をしないよう注意喚起がされている
LUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発された育毛成分。『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド-3』という育毛成分によって構成されている。
脱毛を抑えるアカツメクサ花エキス、育毛環境を整えるアセチルテトラペプチド-3の相乗効果により、育毛効果は、同じ育毛成分であるミノキシジルの3倍に相当すると言われている。[4]

これらの薬品は薬品付属の文書、および担当医などの診断による助言を守れば、とくに早期の男性型脱毛症においては効果が認められている。 一般に育毛剤の効果を判断するには最低半年程度、同じ薬剤を適切な状態で使い続けることが必要である。 この二種類の薬剤が世界的な販売実績と評判を得た事で、さらに効果の高い発毛剤と認められる薬剤が世界的に研究されるようになった。

外科的手法[編集]

美容外科手術の一種で、自毛植毛と呼ばれているものである。

人工毛移植手術[編集]

頭皮に人工毛を挿入する美容外科手術である。自毛移植手術と異なり、移植本数に制限がなく、全禿げでも施術可能という利点はあるが、人体に異物を挿入する手術であるため、免疫拒絶反応により頭皮が炎症を起こすことがある。 また、当然ながら人工毛は成長せず、生えかわることもないので、抜け落ちてしまえば再手術が必要である。副作用が多く報告されたため、現在アメリカでは行われていない。また、日本皮膚科学会から発表された男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)でも推奨度D(行わないよう勧められる:無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)になっている。

自毛植毛[編集]

自分自身の毛髪を脱毛箇所に移植する美容外科手術である。自分自身の組織を移植するため、免疫拒絶反応が起こらない安全性の高い手術である。また本物の生きた毛髪であるため、日々成長し続け、抜けてもまた生えかわり、一度手術をした後はメンテナンスは不要である。

男性型脱毛症では、脱毛を起こすのは頭頂部と前頭部であり、後頭部の毛髪は生涯脱毛を起こすことは少ない。この毛根の性質は遺伝子的に決まっているものであるため、人体の他の場所に移植しても変わることがなく、毛を生やし続ける。このような皮膚の特性は奥田庄二医師が1939年に発見した。この性質を利用して、後頭部の毛髪を、毛根と周囲の皮膚ごと脱毛箇所に移植すると、移植した毛髪は生涯毛を生やし続ける。これが自毛移植手術である。

このような手術は米国では1970年代から広く実施されてきた。しかし初期の移植技術では、髪と皮膚の色の違いが大きい黄色人種に施術すると移植した毛が不自然に見えてしまったため、自毛移植手術の原理を発見したのが日本人であるにもかかわらず、日本ではほとんど実施されることがなかった。

しかし近年、移植元となる毛髪がある皮膚(ドナー)を毛髪2~3本ごとの小片(グラフト)に株分けして、禿げている箇所に分散配置するマイクログラフト法が開発された。この方法では、ドナーの皮膚で脱毛箇所を置き換えるというよりも、グラフトの毛髪を成長させて脱毛箇所を覆い隠すという考え方になる。さらに数千本の毛髪を一度の手術で移植するメガセッションが可能になったことで十分な密度を得ることができるようになり、黄色人種への施術ができるようになった。現在の医学では、自毛移植手術が脱毛症の最終的解決手段と考えられるが、以下のような問題点がある。

  • 費用が高額
移植毛の株分けや、移植箇所への植え込みには、特別な訓練を積んだ医師と看護師のチームが必要であり、人件費からして高額にならざるを得ない。また病気の治療ではないため健康保険は適用されず、全額自己負担の自由診療になる。しかし、一旦手術をすれはそれ以降の出費は一切ないため、長期的に見るとかつらや増毛よりも割安であると言われている。
  • 頭皮に傷がつく
移植元の頭皮はドナーを切除した後に縫合し、移植先の頭皮には器具で穴をあけてグラフトを挿入する。つまり刃物で頭皮を傷つけるので、ドナーを切除した箇所は線状痕に、グラフトを挿入した箇所は凸凹になる。手術技術が向上したため、見た目にもわかるほどの傷や凸凹ができることはなくなったが、触れば判る程度の凸凹ができることは避けられない。このため、頭垢がたまりやすくなる、スキンヘッドにはできなくなる、といった問題がある。
  • 手術可能な毛髪量が限られる
ドナーを切除した箇所は縫合するため、ドナーを取りすぎると頭皮が突っ張ってしまう。ドナーにできる毛髪量は体質によって異なるが、生涯で約1万2千本と言われている。
  • 全禿げ(丸禿げ)や、禿が非常に広い場合には適用できない

なお、費用以外の問題は、幹細胞培養による毛髪のクローニングが実用化されれば解決されると言われている。

  • 男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)でも推奨度B(行うよう勧められる:少なくとも1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベルⅡか良質のレベルⅢあるいは非常に良質のⅣのエビデンスがあること)になっている。つまり、自毛植毛は勧められる薄毛治療であるが、技術の熟達した医師のもとで行うべきであるとしている。
  • 自毛植毛をしてもフィナステリドの内服や一生涯続ける必要がある。植毛で定着した毛はフィナステリドを内服しなくとも、生涯AGAに侵される事は無い。しかし、前頭部から頭頂部にもともと生えている毛はフィナステリドを内服しなければAGAの進行とともに弱毛化しやがて抜けて生えなくなる。植毛をしてフィナステリドを内服しなければ将来 植毛した毛だけが残っているという状態になりかねない。しかし、フィナステリドの内服等だけで薄毛を完全に治療する事は現時点では困難であり、どうしても自毛植毛に頼らざるを得ない事も確かである。最近では内服薬、外用薬、注射、レーザー更に自毛植毛を組み合わせて多角的に薄毛を治療するクリニックも出現している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]