脊髄空洞症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)とは、脊髄の中に液体のたまった空洞ができることによる、脊髄の機能障害のことである。

脳脊髄液の貯留した空洞が脊髄を内側から圧迫するため、様々な神経症状や全身症状をきたす。

原因は不明である。空洞は主に脊髄灰白質に発生し、徐々に周囲に拡大していく。


分類[編集]

キアリ奇形によるもの[編集]

この奇形により脊髄に空洞ができる成因は不明である。

癒着性くも膜炎によるもの[編集]

脳脊髄液通過部位が、炎症等で閉塞することによる。

脊髄腫瘍によるもの[編集]

脊髄出血後のもの[編集]

症状[編集]

  • 腕や手の痛みやけいれん・麻痺
  • 一側上肢の脱力

初期に大多数が片側性の宙吊型温痛覚障害を呈する。一側上肢の脱力と共に徐々に筋萎縮が進行する。この際、患側上肢の温痛覚低下を伴うことが多い。

診断[編集]

確定診断には、MRIが必須である。T1強調画像により程度、及び範囲を確実に同定しうる。T2強調画像も検討することにより、脊髄損傷による空洞症化を確認できる。

治療法[編集]

  • 現在一番有効とされているのが、外科手術で、術式は大後頭孔減圧手術と呼ばれるものである。シャント手術もそのひとつ。

関連項目[編集]