脂肪変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

脂肪変性(しぼうへんせい、英:fatty degeneration)とは細胞質内に形態学的に観察可能な脂肪滴が出現している状態。脂肪化とも呼ばれる。脂肪変性は中性脂肪の異常蓄積により出現する。パラフィン切片ではその作成過程で脂肪や脂質が溶出されるため、脂肪滴は空胞として観察される。脂肪変性の識別には凍結切片による脂肪染色が必要であり、中性脂肪はズダンIIIでは橙色、Oil-red-O染色では紅色、ナイル青では赤色、オスミウム酸では黒色に染まる。

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学総論 第2版』 文永堂出版 2001年 ISBN 4830031832
  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学各論』 文永堂出版 2001年 ISBN 483003162X

関連項目[編集]