能見俊賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

能見 俊賢(のみ としたか、 1948年10月19日 - 2006年9月27日)は、東京都出身の作家。血液型A型。血液型性格分類の書「血液型人間学」で知られる。

人物[編集]

日本大学史学科卒業。産経新聞社勤務などを経て文筆活動を始める。「血液型人間学」を世間一般に広めた存在である父・能見正比古の活動を引き継ぎ、ABO式血液型と人間の性格・行動に関する多くの著書を記した。マスコミが血液型を取り上げる場合に頻繁に登場する人物であり、世間に知られる存在であった。 バラエティ番組などでは父・正比古の遺志を受け継ぎ、淡々と「血液型と性格・行動の特徴」を語っていた。父と同様、「血液型」を取り扱う著作や商品に監修を行ったりもし、さらに「NPO 血液型人間科学研究センター」にも深く関わった[1]

2006年9月27日午前2時2分、脳出血のため死去。享年57。

著作活動とその効果[編集]

血液型性格判断」を取り扱った能見による一連の著作は、父・正比古の代から収集してきたデータに基づいた分析・研究からなる。

父の代から「血液型人間学」に関する数多くの書物が発売され、社会的な認知度も高まっていき、現在では「血液型人間学」を元にした「血液型性格判断」が日本をはじめとする東アジア諸国に広く知られるものとなり、否定論者又は関心の薄い人たちの間でも各血液型ごとの「特徴」を全く知らない人は少ない。また、関連の書物や商品も数多く出回っており、経済的な効果も決して小さくはないものと思われる。

「血液型人間学」が世間一般に広まると共にの派生論が現れ、「血液型性格判断」を扱った理論が数多く出回る状況となった。数多くの人が「血液型性格判断」に関わり、マスメディア等でも血液型に関する話題がよく扱われるようになり、日本では「血液型性格判断」が知っていることが普通と言えるほどに普及するに至った。 しかし、「血液型性格判断」は、なんら学問的に検証されたことはなく[2]、一部で差別や偏見を誘発する危険性が指摘されている[3]

また、能見正比古・俊賢親子の「血液型性格判断」は医学的・心理学的な裏付けが全く無いいわゆる疑似科学で、学者から批判を受けることになった。

脚注[編集]

  1. ^ NPO 血液型人間科学研究センター
  2. ^ 血液型性格診断を参照
  3. ^ 脚注:学者などによる批判の例。