能代ロケット実験場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

能代ロケット実験場(のしろろけっとじっけんじょう、Noshiro Rocket Testing Center)は秋田県能代市に位置する、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設。宇宙科学研究所の管理下に置かれている。

能代ロケット実験場

概略[編集]

内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる観測ロケットミューロケットの研究開発に必要な各種固体ロケットモータの地上燃焼試験を行うため[1]1962年東京大学生産技術研究所(後の宇宙科学研究所)付属施設、能代ロケット実験場として開設された[2]。JAXA統合時に宇宙輸送ミッション本部の管轄となり、名称も能代多目的実験場へ変更となったが、2011年4月1日から宇宙科学研究所へ移管[3]され、名称も元の能代ロケット実験場へ戻された。

1975年から液体酸素液体水素ロケットエンジンの研究開発が開始され、その基礎実験を行うための施設設備が増設された[1]。その後M-Vロケット開発計画の開始に伴い、1990年度から関連施設設備の拡充・更新が勧められ、1992年度までに大型固体モータ大気燃焼試験棟、上段モータ高空性能試験設備が竣工された[1]。M-Vロケットのモータの地上燃焼試験はすべてここで行われた[4]

また1988年からはエアターボラムジェット(ATR)エンジンの研究開発が開始され、1992年にはこの能代ロケット実験場で地上・静止状態における燃焼試験に成功している[5]。1998年からは再使用ロケット実験(RVT)も開始され、実験機の離着陸試験も行われている[1]

設備[編集]

日本海に面した南北に細長い敷地に各種設備が設置されている[4]。最大で1kmの保安距離を確保できる[1]。主な試験設備に

  • 大型大気燃焼試験棟
  • 真空燃焼試験棟
  • 竪型燃焼試験棟
  • 極低温推進剤試験棟
  • エアターボ・ラムジェットエンジン試験設備

など[4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 能代ロケット実験場リーフレット (PDF)”. JAXA. 2011年3月4日閲覧。
  2. ^ 能代ロケット実験場 概要”. ISAS. 2011年3月4日閲覧。
  3. ^ ISAS NEWS 2011年5月号 (PDF)”. ISAS. 2011年5月26日閲覧。
  4. ^ a b c 能代ロケット実験場 設備”. JAXA. 2011年3月4日閲覧。
  5. ^ 能代ロケット実験場 実験・開発”. JAXA. 2011年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度10分09秒 東経139度59分31秒 / 北緯40.169202度 東経139.991965度 / 40.169202; 139.991965