胸いっぱいの愛を (レッド・ツェッペリンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
胸いっぱいの愛を
Whole Lotta Love
レッド・ツェッペリンシングル
収録アルバム レッド・ツェッペリン II
B面 「リヴィング・ラヴィング・メイド」
リリース 1969年11月7日
規格 シングル
録音 1969年5月
ジャンル HR/HM
時間 アルバム・バージョン:5分33秒
シングル:5分33秒(1st Press版)
3分10秒(2nd Press版)
レーベル アトランティック
作詞・作曲 ジョン・ボーナムジョン・ポール・ジョーンズジミー・ペイジロバート・プラントウィリー・ディクスン
プロデュース ジミー・ペイジ
ゴールド等認定

ゴールド

レッド・ツェッペリン シングル 年表
「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」 / 「コミュニケイション・ブレイクダウン」
(1969年)
胸いっぱいの愛を」 / 「リヴィング・ラヴィング・メイド
(1969年)
移民の歌」 / 「ヘイ・ヘイ・ホワット・キャン・アイ・ドゥ」
(1970年)
レッド・ツェッペリン II 収録曲
胸いっぱいの愛を
(1)
「強き二人の愛」
(2)
テンプレートを表示

胸いっぱいの愛を」(むねいっぱいのあいを、Whole Lotta Love)は、イギリスロックバンド、レッド・ツェッペリンの楽曲。2作目のアルバム『レッド・ツェッペリン II』のオープニング・ナンバー。

他のレッド・ツェッペリンの楽曲と同様、イギリスではシングル・カットされなかった。アメリカ合衆国とドイツ(地元チャートで首位)、オランダ(地元チャートで最高4位)、 ベルギー、フランス、日本でシングル・カットされ、特にアメリカでは最初のヒット・シングルとなり(最高4位)、セールスは100万枚を突破した。

ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」に於いて、それぞれ75位[1]と11位[2]にランクイン。また、2005年3月の『Q』誌の「グレイテスト・ギター・トラック100」で、2009年VH1のオールタイム・グレイテスト・ハードロック・ソングに於いて、どちらも3位となった[3]

胸いっぱいの愛を」は、ロンドンオリンピック・スタジオで録音され、ニューヨークのA&Rスタジオ(A&R Studios)でミキシングされた[要出典]。早くからライブでは演奏されていた曲であったが、最初に公式リリースされたのは、1969年10月22日LPLed Zeppelin II』 (Atlantic LP #8236)の収録曲としてであった。

影響を与えた曲[編集]

1962年マディ・ウォーターズは、彼のためにウィリー・ディクスンが書いた「You Need Love」を録音した。1966年イギリスモッズ・バンド、スモール・フェイセスは、この曲を改作して「You Need Loving 」として録音し、デビュー・アルバム『Small Faces』に収録した。レッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」の歌詞の一部は、ロバート・プラントのお気に入りだったウィリー・ディクスン作の「You Need Love」から採られている。一方、プラントのフレージングは、スモール・フェイセスの「You Need Loving 」におけるスティーヴ・マリオットの歌い方に特によく似ている。ディクスン作の「You Need Love」との類似は、1985年にディクスン側から訴訟が起こされ、最終的にディクスンに有利な形で法廷外での和解が成立した[4]。スモール・フェイセスは、ディクスン側から訴訟を起こされておらず、 「You Need Loving 」のクレジットは現在もロニー・レーンとスティーヴ・マリオットの2人だけになっている。

ロバート・プラントは、ブルースソウルの大ファンであり、しばしば他の曲から歌詞を引いて歌っており、特にライブではそうしたことがよく行われていた。

ページのリフはページのリフだ。何よりも先に、まずそれがある。そこで僕は考えるわけだ、「さて、何を歌おうか?」。要は、失敬しちゃうわけだ。今は幸い、払うものは払ったけど。当時はどうするか、随分いろいろ話し合った。結局、時間も経っている昔の曲だし、影響されているといっても直接ではないから、ということになった...まあ、捕まるとしても、売れたときのことだ。そういうゲームさ。

ロバート・プラント[5]

曲の構成[編集]

イントロからページが奏でる緩やかなブルースリフは、テレキャスターを100Wのマーシャル「Plexi」ヘッドアンプ(Marshall 1959)につなぎ、真空管EL34を使ってディストーションをかけたものであり、最初の歌唱の背後でも続けて奏でられる。続いて、1分24秒くらいから3分2秒くらいまで、曲全体が溶解するかのようにフリージャズのようなブレイクに入り、テルミンのソロや、ドラムのソロ、ロバート・プラントのうめき声などが聞こえる。プラントはこの曲のボーカルを1回の録音で済ませている。レコーディング・エンジニアエディ・クレイマーの説明によれば「有名な「胸いっぱいの愛を」のミックスは、何もかもぐちゃぐちゃで、ジミーと僕とで小さなコンソールの周りを跳び回りながら、ありとあらゆるノブをいじくって組み上げた」ものだという。クレイマーは次のようにも述べている。

「胸いっぱいの愛を」のレコーディング作業の途中の段階で、事前にレコーディングしたボーカル・トラックの信号の残骸がテープに残っていた。中間部でロバート(プラント)が「Wo-man. You need it.」と叫ぶ辺りだ。その時は、レコーディングのやり直しはできなかったから、エコーをかけて、どんな風に聞こえるかとやってみたら、ジミー(ペイジ)が「いいね! これでいこう」と言ったんだ。[6]

レッド・ツェッペリンのベース、ジョン・ポール・ジョーンズは、ペイジの有名なリフについて、ステージで「幻惑されて (Dazed And Confused)」を即興演奏しているうちに思いついたのではないか、と述べている[7]

これに対し、ジミー・ペイジは、この曲がステージから着想されたという説を強く否定している。

聞き手:「胸いっぱいの愛を」は、アメリカでのギグのステージ上で、ガーネット・ミムズ(Garnett Mimms)の曲をみんなでジャムっていてできた、というのは本当なんですか?

ペイジ:いやいや、全然間違ってるよ。そうじゃなくて、2枚目のアルバムのためにリハーサルをやっている時に作り上げたんだよ。僕のリフがまずあって、みんな僕の家にいて、そこから作っていったんだよ。ギグの最中に作ったりしてないよ——そんな話どこで聞いたの?

聞き手:本で読みました。

ペイジ(皮肉たっぷりに):おや、そりゃいい。その本ってラフガイドのやつかな。あれが一番新しくて、一番間違いが多いんだよね。まあ、その手の本はどれもこれも間違いだらけだけどね。[8]

別のインタビューで、ペイジは次のように説明している。

僕はもう(そのリフを)スタジオに入る前からいろいろと試してあった。リハーサル済みだったんだ。だけどほかの要素は、音波をいじってどうするとかは、スタジオに入ってから自分でやったんだ、エフェクトをかけるとか、いろいろ加工とか、処理とかね。[9]

この曲のトラックでペイジは、バックワード(リバース)エコー(backward echo/reverse echo)のテクニックを制作に取り入れている[4]

シングル盤のリリース[編集]

LP『レッド・ツェッペリン II』のリリース後、ラジオ局は、たちまち成功を収めたこのアルバムから、放送でかけるのに適したトラックをどれにしようかと考える中で、アルバム冒頭の衝撃的な曲である「胸いっぱいの愛を」は有力な候補だった。しかし、多くのラジオ局は、中間部の形式にはまらない部分が放送向きではないと判断し、曲を通して放送せず、自前で編集を加えた短縮版を作って放送に使っていた。アトランティック・レコードは、こうした状況にすぐさま反応し、米国での通常のシングル盤(B面は同じアルバムに収録された「Living Loving Maid (She's Just a Woman)」)とは別に、形式にはまらない部分を削除し、早めにフェードアウトで終了する3分10秒バージョンを、1969年11月7日に Atlantic #45-2690 としてリリースした。この短縮版は、ラジオ局を対象としたプロモーション用のリリースとして意図されていたはずであったが、一部は米国の一般市場にも出回ったようで、ファンにとってのコレクターズ・アイテムとなった。この曲は、米国のほか、フランス西ドイツ(チャート首位)、スイスオランダベルギーオーストラリアEPでも発売)、日本でもシングル盤として発売されたが、これは、こうした国々においてバンド側がレコード会社に対して強い影響力を発揮できなかったからであった。短縮版は、やがて回収されることになった。

イギリスでは、アトランティック・レコードが自ら短縮版を発売しようと企画し、リリースを前提に1969年12月5日に最初のレコードをプレスした。しかし、バンドのマネージャーだったピーター・グラントは、イギリス市場については断固としてバンドの「シングルなし」というマーケティング戦略を通し、リリースを止めさせた。このとき出されたバンド自身の公式声明には、イギリスで最初に発売する新曲を準備していることが付け加えられていたが、これは結局実現しなかった。また、レコード会社側からの大きな圧力にもかかわらず、バンドが存続していた間、レッド・ツェッペリンはイギリスでは公式シングルをいっさいリリースしなかった[4]

数年後、アトランティック・レコードは「胸いっぱいの愛を」をオリジナルと同じ「Living Loving Maid」とのカップリングで、オールディーズ・シリーズ(Oldies Series)・レーベルから再発した(OS-13116)。このとき、ちょっとしたエラーがあった。この再発では、短縮された3分10秒バージョンが使用されたにもかかわらず、レーベルには演奏時間がオリジナル版の5分33秒で印刷されていたのである。

1997年、アトランティック・レコードは、1969年の録音から新たに作成された4分50秒の短縮版を、CDシングルとしてリリースした。かつてシングル盤が発売されないようバンド側が市場を管理していたイギリスにおいても、このバージョンはチャート入りを果たした。

チャートでの成功とライブでの演奏[編集]

「胸いっぱいの愛を」のシングル盤は、1969年11月22日Billboard Hot 100 のチャートに初登場した。そのまま、15週にわたってチャートにとどまり、最高4位を記録し、レッド・ツェッペリンにとって唯一の全米トップ10入りを果たしたシングル曲となった。ライブで最初に演奏されたのは、1969年4月26日であった[10]。ライブで演奏されるときには、レッド・ツェッペリンの他の曲の一部を組み込んだ形をとることもあり、「I Can't Quit You Baby」、「You Shook Me」、「How Many More Times」、「Your Time Is Gonna Come」、「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」、「The Lemon Song」、「クランジ」、「デジャ・メイク・ハー」、「ブラック・ドッグ」、「アウト・オン・ザ・タイルズ」、「Ramble On」などの一部が演奏の途中に聞こえることがあった。「胸いっぱいの愛を」は、1970年代半ば以降は、バンドのメンバーが好んでいたブルースR&Bのカバーとメドレーにして、ショーの最後に演奏されるのが定番となった。メドレーに組み込まれるカバー作品には、エディ・コクランエルヴィス・プレスリージョン・リー・フッカーの名作が含まれていた。

公式リリースされている「胸いっぱいの愛を」のライブ演奏は、以下の通りである。

「胸いっぱいの愛を」は、レッド・ツェッペリンがオリジナルの編成でライブ演奏した最後の曲である。その後のレッド・ツェッペリンの「再結成」の際にも、1985年ライヴエイドにおいて(ドラムはフィル・コリンズで)演奏されたほか、1988年アトランティック・レコード40周年コンサート(Atlantic Records 40th Anniversary)や、ロンドンO2アリーナで行なわれた2007年12月10日アーメット・アーティガン追悼コンサート(Ahmet Ertegün Tribute Concert)でも、ジェイソン・ボーナムが亡き父に代わってドラムを担当して演奏された。

栄誉[編集]

出版物/選定者 栄誉 順位
Spin アメリカ合衆国 "100 Greatest Singles of All Time"[11] 1989 39
ロックの殿堂 アメリカ合衆国 "The Rock and Roll Hall of Fame's 500 Songs that Shaped Rock and Roll"[12] 1994 *
Classic Rock イギリス "Ten of the Best Songs Ever!.. (Bubbling under)"[13] 1999 30
VH1 アメリカ合衆国 "The 100 Greatest Rock Songs of All Time"[14] 2009 3
ローリング・ストーン」誌(Rolling Stone) アメリカ合衆国 ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500
"The 500 Greatest Songs of All Time"[15]
2003 75
Q」誌(Q) イギリス "100 Greatest Guitar Tracks Ever"[16] 2005 3
Toby Creswell オーストラリア "1001 Songs: the Great Songs of All Time"[17] 2005 *
グラミー賞 アメリカ合衆国 "Grammy Hall of Fame Award"[18] 2007 *
ローリング・ストーン」誌(Rolling Stone) アメリカ合衆国 "100 Greatest Guitar Songs of All Time"[19] 2008 11
VH1 アメリカ合衆国 "VH1 Greatest Hard Rock Songs"[20] 2009 3

(*) 順位のないリストに選出されたもの

各国における発売形態[編集]

以下のリストにおいて、楽曲の作者表記は現行のものに従っている。

1969年 7インチ・シングル (アメリカ合衆国: Atlantic 45-2690、アンゴラ: Atlantic ATS 485、オーストラリア/ニュージーランド: Atlantic AK 3412、ベルギー: Atlantic BE 650186、ボリビア: Polydor 508007、カナダ: Atlantic Oldies Series OS 13116、チリ: Atlantic 2164 002、フランス: Atlantic 650 186、ドイツ: Atlantic 70409、ギリシア: Atlantic 255 017、Holland: Atlantic ATL 2690、イタリア: Atlantic ATL NP 03145、日本: ワーナー・パイオニア P-2550A、メキシコ: Atlantic AT 45-52、フィリピン: Atlantic ATR 0046、スウェーデン: Atlantic ATL 70409、ウルグアイ: Atlantic 2164002)

1969年 7インチ・ラジオ用編集版 (イギリス<後に回収>/レバノン: Atlantic 584309、カナダ: Atlantic AT 2690、南アフリカ共和国: Atlantic ATS 485)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 3:12
  • B. "Living Loving Maid (She's Just a Woman)" (Page, Plant) 2:39

1969年 7インチ・ラジオ用編集版 (ブラジル: Atlantic 205.025、ペルー: Atlantic ALT 7035)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 3:12

1969年 7インチ・シングル (日本: 日本グラモフォン DT-1139)

  • A. 胸いっぱいの愛を "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B. サンキュー "Thank You" (Page, Plant) 4:49

1970年 7インチ・シングル (コスタリカ: Atlantic 70.020、ポルトガル: Atlantic ATL 10058、スペイン: Atlantic H 523)

1970年 7インチ・シングル (トルコ: Atlantic 70501)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B. "Ramble On" (Page, Plant) 4:23

1970年 7インチ・EP (ボリビア: Atlantic AX 11695)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B1. "Good Times Bad Times" (Bonham, Jones, Page) 2:47
  • B2. "Communication Breakdown" (Page, Plant) 2:28

1970年 7インチ・EP (オランダ: Atlantic ATL 2091 208)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B1. "Immigrant Song" (Page, Plant) 2:25
  • B2. "Bron-Y-Aur Stomp" (Jones, Page, Plant) 4:16

1970年 7インチ・EP (メキシコ: Atlantic Gamma GX07 762)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B1. "Communication Breakdown" (Page, Plant) 2:28
  • B2. "Immigrant Song" (Page, Plant) 2:25

1970年 7インチ・EP (メキシコ: Atlantic 2207 002)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 5:33
  • B1. "Living Loving Maid (She's Just a Woman)" (Page, Plant) 2:39
  • B2. "Heartbreaker" (Bonham, Jones, Page, Plant) 4:14

1970年 7インチ・EP (オーストラリア/ニュージーランド: Atlantic EPA 200)

  • A1 "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 3:12
  • A2 "Good Times Bad Times" (Bonham, Jones, Page) 2:47
  • B1 "Immigrant Song" (Page, Plant) 2:25
  • B2 "Hey Hey What Can I Do" (Bonham, Jones, Page, Plant) 3:55

1970年 7インチ・EP (オーストラリア: AX 11695 (MX 34022))

  • A1 "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 3:12
  • A2 "Black Mountain Side" (Page) 2:12
  • B1 "Good Times Bad Times" (Bonham, Jones, Page) 2:47
  • B2 "Communication Breakdown" (Page, Plant) 2:28

1970年 7インチ・シングル (フランス: Atlantic 10236、ドイツ: Atlantic Oldies Series ATL 10236)

  • A. "Whole Lotta Love" (Bonham, Jones, Page, Plant, Dixon) 3:12
  • B. "Immigrant Song" (Page, Plant) 2:25

1997年 CDシングル (イギリス: Atlantic AT 0013 CD (7567 84014 6)、オーストラリア: Atlantic 7567 84014 2、Brazil: Atlantic LZ 1997、ドイツ: Atlantic A 4014 CD、日本: Atlantic AMCY 2403、韓国: Atlantic 84014 2、南アフリカ共和国: Atlantic 7567 84014)

チャートの順位[編集]

シングル[編集]

チャート(1970年) 最高位
フランス[21] 13
日本(オリコン[22] 50
アメリカ合衆国(キャッシュボックス - Top 100 Singles Chart)[23] 2
アメリカ合衆国(レコードワールド - 100 Top Pop Chart)[24] 4
カナダ(Canadian RPM Top 100 Chart)[25] 2
オランダ[26] 5
アメリカ合衆国(ビルボード - Billboard Hot 100[27] 4
南アフリカ共和国[28] 6
ドイツ(当時の西ドイツ[29] 1
スイス[30] 5
オーストラリア(Australian Go-Set Top 40 Singles Chart)[31] 1
オーストリア[32] 3
ニュージーランド[33] 4
イタリア[34] 25
スペイン[35] 4
チャート(1997年) 最高位
イギリス[36] 21

シングル(デジタル・ダウンロード)[編集]

チャート(2007年) 最高位
イギリス[37] 64
カナダ(Canadian Billboard Hot Digital Singles Chart)[38] 49

注: イギリスのシングル・チャートは、2005年4月17日まで合法的ダウンロード数をシングルの売上枚数に加算していた。

売上認定[編集]

売上枚数 認定機構
アメリカ合衆国 (RIAA) 1,000,000+ ゴールドディスク[39]

パーソネル[編集]

後年への文化的影響[編集]

この曲は、広く多数のアーティストたちによってカバーされている。イギリスでは、長寿テレビ番組だった『トップ・オブ・ザ・ポップス (Top of the Pops)』のテーマ曲として、この曲が1970年代から1980年代にかけて使用されていたため、非常によく知られた楽曲となっている。2008年8月24日に行なわれた北京オリンピックの閉会式では、次回の開催地がロンドンであることを踏まえてこの曲が大きく取り上げられ、ジミー・ペイジのギターとレオナ・ルイスのボーカルによる演奏が行なわれた。この演奏に関して、ルイスも主催者側も、歌詞の一部を変更することを求め、特に「I'm gonna give you every inch of my love」の部分が問題とされた。ルイスは、この部分が、女性が歌う歌詞としては意味をなさないと考えていた[40]

カバー・バージョン[編集]

サンプリングによる使用[編集]

この曲のメインのリフは、フランク・ザッパのライブ演奏にも一部が使用されており、その演奏の一部はアルバム『Läther』に「Duck Duck Goose」として収められている。このLP4にして枚組のアルバムは、当初は1977年に発表される予定であったが、1996年にCD3枚組で発売されるまで公式にはリリースされなかった。このアルバムがより長いバージョンは、「Leather Goods」と題され、ボーナストラックとしてCDに収録されているが、こちらには「幻惑されて (Dazed and Confused)」の一部も含まれている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ spreadit.org music”. 2009年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c Dave Lewis (1994), The Complete Guide to the Music of Led Zeppelin, Omnibus Press, ISBN 0-7119-3528-9.
  5. ^ Young, Charles M. (June 1990). “Robert Plant's manic persona”. Musician (140): 47. 
  6. ^ Biography at Eddie Kramer website
  7. ^ コンプリート・スタジオ・レコーディングス』のキャメロン・クロウによるライナーノーツ(p.11)
  8. ^ Cavanaugh, David. "Jimmy Page, 'Mission Accomplished.'" Uncut Magazine. Take 132 (May 2008): 49.
  9. ^ Steven Rosen, 1977 Jimmy Page Interview, Modern Guitars, 25 May 2007 (originally published in the July 1977, issue of Guitar Player magazine).
  10. ^ Led Zeppelin First U.S. Tour, December 26, 1968 - February 15, 1969”. Led Zeppelin Database. 2011年10月28日閲覧。
  11. ^ 100 Greatest Singles of All Time - 1989”. Spin. 2009年2月10日閲覧。
  12. ^ The Rock and Roll Hall of Fame's 500 Songs that Shaped Rock and Roll - December 1994”. Jacobs Media. 2009年2月10日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ Ten of the Best Songs Ever!.. (Bubbling under) - September 1999”. Classic Rock. 2009年2月10日閲覧。
  14. ^ The 100 Greatest Rock Songs of All Time - July 2000”. VH1. 2009年2月10日閲覧。
  15. ^ The 500 Greatest Songs of All Time - November 2003”. Rolling Stone. 2009年2月10日閲覧。
  16. ^ 100 Greatest Guitar Tracks Ever - March 2005”. Q. 2009年2月10日閲覧。
  17. ^ Creswell, Toby (2005). “Whole Lotta Love”. 1001 Songs: the Great Songs of All Time (1st ed.). Prahran: Hardie Grant Books. p. 303. ISBN 9781740664585. 
  18. ^ The Grammy Hall of Fame Award”. National Academy of Recording Arts and Sciences. 2007年8月18日閲覧。
  19. ^ 100 Greatest Guitar Songs of All Time - June 2008”. Rolling Stone. 2009年2月10日閲覧。
  20. ^ VH1 Greatest Hard Rock Songs - January 2009”. VH1. 2009年2月10日閲覧。
  21. ^ Top 100 Singles - 1969”. infodisc.fr. 2009年1月19日閲覧。
  22. ^ Top 100 Singles - 5 January 1970”. Oricon. 2009年1月19日閲覧。
  23. ^ Top 100 Singles - 10 January 1970”. Cash Box. 2009年1月19日閲覧。
  24. ^ Top 40 for 1970 - January 1970”. Record World. 2006年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月19日閲覧。
  25. ^ RPM Singles Chart - 17 January 1970”. RPM. 2009年1月19日閲覧。
  26. ^ Top 100 Singles - 17 January 1970”. dutchcharts.nl. 2009年1月19日閲覧。
  27. ^ Hot 100 Singles - 31 January 1970”. Billboard. 2009年1月19日閲覧。 [リンク切れ]
  28. ^ Top 20 Singles - 13 February 1970”. rock.co.za. 2009年1月19日閲覧。
  29. ^ Top 100 Singles - 23 February 1970”. musicline.de. 2009年1月19日閲覧。
  30. ^ Top 100 Singles - 24 March 1970”. hitparade.ch. 2009年1月19日閲覧。
  31. ^ Top 40 Singles - 4 April 1970”. Go Set. 2009年1月19日閲覧。
  32. ^ Top 75 Singles - 15 April 1970”. austriancharts.at. 2009年1月15日閲覧。
  33. ^ Scapolo, Dean (2007). “Top 50 Singles - May 1970”. The Complete New Zealand Music Charts (1st ed.). Wellington: Transpress. ISBN 1-877443-00-8. 
  34. ^ Top 100 Singles - May 1970”. hitparadeitalia.it. 2009年1月19日閲覧。
  35. ^ Top 100 Singles - May 1970”. PROMUSICAE. 2009年1月19日閲覧。
  36. ^ Top 100 Singles - 13 September 1997”. chartarchive.org. 2012年6月30日閲覧。
  37. ^ Top 100 Singles - 24 November 2007”. chartarchive.org. 2012年6月30日閲覧。
  38. ^ Hot Digital Singles - 1 December 2007”. Billboard. 2009年1月19日閲覧。 [リンク切れ]
  39. ^ RIAA.org Whole Lotta Love - 13 April 1970”. RIAA. 2009年1月19日閲覧。
  40. ^ “Led Zeppelin classic 'too racy' for Olympics”. Daily Telegraph. (2008年8月23日). http://www.telegraph.co.uk/sport/othersports/olympics/2603561/Led-Zeppelin-classic-too-racy-for-Olympics.html 2011年11月8日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Lewis, Dave (2004) The Complete Guide to the Music of Led Zeppelin, ISBN 0-7119-3528-9
  • Welch, Chris (1998) Led Zeppelin: Dazed and Confused: The Stories Behind Every Song, ISBN 1-56025-818-7

外部リンク[編集]