胡 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(こ)は、漢姓のひとつ。中国・朝鮮・ベトナムなどに分布する。

中国の姓[編集]

各種表記
繁体字
簡体字
拼音
ラテン字 Hu
発音: フー
広東語発音: Woo, Wu
テンプレートを表示

(こ)は、中国の姓の一つ。現代の中国大陸では十三大姓の一つである。『百家姓』には158番目に挙げられている。

分布[編集]

主要な起源[編集]

南宋鄭樵が著した『通志』氏族略は、胡姓の起源として、を姓としたもの、国名を姓としたもの、改姓によるものを挙げている。

諡を姓としたもの
  • の後裔とされる嬀満(本姓は嬀。胡公満とも呼ばれる)は、の建国時に武王によって公に封建され、胡公の諡を得た。胡公の末裔は諱から胡を姓としたという。嬀姓の末裔は5つの姓に分かれたといい(「嬀五姓」、すなわち・胡・)、胡姓はその一つである。
国号を姓としたもの
他姓からの改姓
  • 「胡毋」(胡母とも)という複姓があり、代に太史令胡毋敬中国語版代に胡毋生中国語版や胡毋班という人物を輩出した。代以後、胡毋氏は「胡」の一字姓に改めるようになった。
  • 末、皇裔(李姓)の中で胡三公によって危機を救われ、胡に改姓した者があった。
他民族の漢化

郡望堂号[編集]

著名な人物[編集]

朝鮮の姓[編集]

各種表記
ハングル
漢字
発音:
日本語読み:
英語表記: Ho, Hoh, Hu
テンプレートを表示

(こ、 ホ、: )は、朝鮮人の姓英語版の一つである。2000年の韓国の国勢調査による人口は、発音の同じ、胡、鎬合わせて6,106人。

著名な人物[編集]

氏族[編集]

氏族(地域) 創始者 割合 (%) (2000年)
巴陵胡氏
兎山胡氏

関連項目[編集]

ベトナムの姓[編集]

ホー
各種表記
クォック・グー Hồ
北部発音: ホー
中国語表記:
テンプレートを表示

(こ、ホー)は、ベトナムの姓のひとつ。

著名な人物[編集]

関連項目[編集]