胡季リ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
胡季犛
胡朝
初代皇帝
国号 大虞
王朝 胡朝
在位期間 1400年
都城 西都(現タインホア
姓・諱 胡季犛
理元
尊号 欽徳興烈大王
別号 輔政該教皇帝、国祖章皇
生年 1336年
没年 1407年
黎国耄
范氏
后妃 太慈皇后陳氏恩栄
元号 聖元
胡季リ
各種表記
クォック・グー Hồ Quý Ly
漢字チュノム 胡季犛
北部発音: ホー・クイ・リ
音読み こ きり
テンプレートを表示
本来の表記は「胡季犛」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

胡 季犛(こ きり、ホー・クイ・リ、Hồ Quý Ly、1336年 - 1407年)はベトナム胡朝の初代皇帝(在位:1400年)。

ベトナム北中部のタインホア(清化)出身。その祖先は五代十国時代に現在の中国浙江省から南下移住したと伝えられる。陳朝第9代皇帝藝宗外戚として仕え、枢密大使まで昇格し、チャンパの侵攻を撃退して同中書門下平章事宰相)となる。1388年、藝宗の甥を退けて陳顒を第12代皇帝順宗として擁立し、1397年タインホアに遷都させた。

1400年、陳朝の衰退に付け入って第13代皇帝少帝から帝位を簒奪し、国号を大虞、姓をからに改めたが、同年子の胡漢蒼に譲位して太上皇と称し、ベトナム初となる紙幣の発行や、民族文字チュノム(字喃)を用いた文芸の奨励を行うなどの改革を行った。ところが、永楽帝は陳朝の新帝として陳天平を擁立し、胡季犛がこれを退けたため、1406年に陳朝復興を口実として明軍が侵攻し、翌年帝都タインホアが陥落、胡季犛・胡漢蒼親子はハーティン(河靜)で明軍に捕らえられた。その後南京斬首に処されたとも言われたが[1]永楽帝に釈放され、広西の役人に任命された説もある。[2][3]

参考文献[編集]

  1. ^ 《越南辑略》清 光绪三年 徐延旭
  2. ^ 《越南通史》 郭振铎 张笑梅主编 中国人民大学出版社 ISBN 7300034020
  3. ^ チャン・チョンキム(越)著 《ベトナム史略》 中国語版  北京商務印書館 ISBN 7100004543
先代:
——
ベトナム胡朝皇帝
1400年
次代:
胡漢蒼