胎盤性ラクトジェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

胎盤性ラクトジェン(英:placental lactogen;PL)とはヒトサルウシヒツジヤギラットなどで存在するホルモンの1種。合胞体性栄養膜細胞で合成、分泌される。ヒト、サル、ヤギ,ヒツジでは妊娠前期から中期にかけて血中に出現し、妊娠末期で最高値を示し、分娩後に消失すが、ウシでは全妊娠期間を通して低値を示す。黄体刺激、乳腺発育、成長促進などの作用を示すが効果には種差がある。ハトそ嚢乳の分泌にも関与する。

参考文献[編集]

  • 浜名克己, 中尾敏彦, 津曲茂久編 『獣医繁殖学 第3版』 文永堂出版 2006年 ISBN 4830032065