背徳法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
背徳法
原語名 Immorality Act
国・地域 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
形式 法律
日付 1927年(1950年改正)
効力 廃止(1985年)
種類 刑法
主な内容 白人と非白人の恋愛関係、性行為の禁止
テンプレートを表示

背徳法(はいとくほう、英語: Immorality Act)は、かつて施行されていた南アフリカ共和国南アフリカ連邦)の法律

概要[編集]

白人と非白人(黒人カラードインド系)の恋愛関係を禁止し、カラードの根絶を目的に制定。アパルトヘイト体制を支える法のひとつであった。

歴史[編集]

1927年成立。1950年の改正により、白人と非白人の性行為も禁止した。

警察は背徳法を根拠に、白人と非白人の恋愛関係も取り締まった。被告人の下着は法廷の中で法医学的証拠として使用された。

有罪判決を受けた者は懲役刑に処せられたが、黒人は白人より刑が重くなる場合がしばしばあった。

背徳法によって有罪判決を下された最初の人間は、「ケープダッチ」と言われるオランダ系ケープ移民の改革派教会の幹部であった。自宅のガレージで黒人労働者と性行為を行なっていたところ逮捕され、執行猶予処分を受けた。

ボプタツワナでは、南アフリカから独立したバントゥースタンとして背徳法の適用は受けなかったため、サンシティなどの白人の高級リゾート地において、黒人による売春は公然と行なわれていた。

1985年、雑婚禁止法とともに撤廃された。

関連項目[編集]