背徳の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
背徳の掟
ジューダス・プリーストスタジオ・アルバム
リリース 1984年1月4日
録音 1983年
ジャンル ヘヴィメタル
時間 38分53秒(オリジナル盤)
49分52秒(リマスター盤)
レーベル CBSイギリスの旗
コロムビア・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース トム・アロム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 18位(アメリカ[1]、日本[2]
  • 19位(イギリス[3]
ジューダス・プリースト 年表
復讐の叫び
(1982年)
背徳の掟
(1984年)
ターボ
(1986年)
テンプレートを表示

背徳の掟』(原題:Defenders of the Faith)は、ジューダス・プリースト1984年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては9作目。

解説[編集]

レコーディングは主にイビサ島で行われ、その後マイアミでミックス・ダウンの作業が行われた。ジャケット・デザインは、前作『復讐の叫び』(1982年)に引き続きダグ・ジョンソンが担当した。ジャケットに描かれた機械獣はメタリアン(Metallian)と呼ばれ、本作に伴うツアーのステージ・セットにも使用された。本作の裏ジャケットには「信念を守り続ける者しかメタリアンの怒りからは逃れられない」というメッセージが記載されている。

本国イギリスではアルバムが19位に達し、シングル「フリーホイール・バーニング」は42位、「叛旗の下に」は97位に達した[3]。アメリカのBillboard 200では前作に引き続くトップ20入りを果たし、最高18位に達した[1]

ティッパー・ゴアらが設立した、レコードミュージック・ビデオの規制を求める委員会PMRC(Parents Music Resource Center)は、本作収録曲「イート・ミー・アライヴ」の歌詞を問題視して、プリンスの「ダーリン・ニッキー」やトゥイステッド・シスター「ウィア・ノット・ゴナ・テイク・イット」等と共に「汚らしい15曲(Filthy Fifteen)」にリストアップし、これらの曲に関してレコード会社に規制を求めた[4]。バンドはこの件に反発して、若者を抑圧する親のことを歌った楽曲「ペアレンタル・ガイダンス」を次作『ターボ』(1986年)で発表した。

2001年に発売されたデジタルリマスター盤の初回プレス盤でグレンとKKの位置が左右逆転したミックスで発売された為、日本においてはソニー側が不具合があったとして、ソニー側に問い合わせれば修正盤に交換出来るサービスを行っていた。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はロブ・ハルフォードK. K. ダウニンググレン・ティプトンの共作。

  1. フリーホイール・バーニング - Freewheel Burning - 4:24
  2. ジョーブレイカー - Jawbreaker - 3:26
  3. 鋼鉄の魂 - Rock Hard Ride Free - 5:33
  4. 死の番人 - The Sentinel - 5:02
  5. 誘惑の牙 - Love Bites - 4:47
  6. イート・ミー・アライヴ - Eat Me Alive - 3:35
  7. 叛旗の下に - Some Heads Are Gonna Roll (Bob Halligan, Jr) - 4:07
  8. 夜が来たりて - Night Comes Down - 4:00
  9. ヘヴィ・デューティ - Heavy Duty - 2:25
  10. 神への誓い - Defenders of the Faith - 1:26
    下記2曲は2001年リマスターCDのボーナス・トラック。
  11. ターン・オン・ユア・ライト - Turn on Your Light (Rob Halford, GlennTipton) - 5:23
  12. ヘヴィ・デューティ/神への誓い (ライヴ) - Heavy Duty/Defenders of the Faith - 5:26

カヴァー[編集]

  • 「フリーホイール・バーニング」は、FOZZY(プロレスラーのクリス・ジェリコが在籍しているバンド)が『ハプンスタンス』(2002年)で取り上げた。
  • 「ジョーブレイカー」は、レイジがEP「Higher Than the Sky」(1997年)で取り上げた。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Judas Priest - Awards : AllMusic
  2. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.167
  3. ^ a b ChartArchive -Judas Priest-
  4. ^ Judas Priest Are Only Guilty Of Rocking: Wake-Up Video >>MTV Newsroomby Kyle Anderson, 2009年8月24日