背圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

背圧(はいあつ、back-pressure)とは、流れの中の物体下流における圧力である[1]原動機においては排気側の圧力のことを指す。正常動作できる背圧の最大値を臨界背圧と呼び、排気側の圧力がこれを越えると、吸気側への作動流体逆流などを起こして大惨事になる。

参考文献[編集]

  1. ^ 鈴木和夫 『流体力学と流体抵抗の理論』 成山堂書店、2006年、169頁。ISBN 4-425-71361-3 

関連用語[編集]