肩甲挙筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肩甲挙筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 肩甲背神経(C4~C6)
部位
体幹筋
背部の筋
棘腕筋
ラテン名
musculus levator scapulae
英名
Levator scapulae muscle

肩甲挙筋(けんこうきょきん)は、背部の筋肉棘腕筋のうち、頸椎肩甲骨をつなぐ筋肉である。上位頸椎横突起を起始とし、下方やや外側に向かって走り、肩甲骨内側縁に付着する。

肩甲骨を上方へと引く作用がある。不良姿勢などによる肩こりでは、この筋肉にも不快感や重苦しさ、痛みを感じることがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]