肥満嗜好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

肥満嗜好(ひまんしこう、英:Fat fetishism)とは肥満体型の人に性的魅力や欲求を感じる嗜好。一般的には「デブ専門」の略のデブ専(でぶせん)という俗語で知られる。

概要[編集]

本来、脂肪は飢餓を救う貴重なエネルギー源であり、それを多く蓄えた肥満体形は「富の象徴」としてもてはやされた経緯もあった。例えば、中国代の理想の女性像は「豊かに肥えて濃麗」(豊かに太っていて濃い顔の美人)であり、楊貴妃も「凝脂」と歌われるほど太っていたといわれる。中国紙『四川在線』の翻訳。西洋でもルノワールの裸婦のように豊満な体型が好まれた時代もあった。しかし近代になると生活も豊かになり、脂肪を蓄える必要もなくなったことや美意識の変化から、徐々にスリムでスレンダーな体型が好まれるようになり、雑誌やTVなどマスメディアに登場する著名人やタレントも痩せた人が多くなった。そんな"痩身至上"の中にあって、太った異性に魅力を感じることが特別なこととされるようになった。

しかし近年では行き過ぎた痩身至上主義からの拒食症や過度なダイエットで死亡に至るケースなども出てきた反動から、「サイズ・ゼロ」とも言われる極端に痩せたモデルがショーへの出場を拒否されたり、逆に「プラス・サイズ」と言われる豊満な女性がモデルを務めたり、英国のミス・コンテストで準優勝に選ばれるなど、少しずつではあるが"原点回帰"が見られている。日本でも、女性ファッション誌CanCamが太った女性が可愛らしいとして「ぷに子」という愛称をつけて呼んだりしている。尚、同誌では身長155cmで体重52~64kg以上の女性を「ぷに子」としており、これは大体先述の楊貴妃(身長155cm、体重120斤(約60キロ)、別説あり)と同じ身長・体重である。