聚楽館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聚楽館
Shurakukan
情報
正式名称 聚楽館
完成 1913年8月18日
開館 1913年9月1日
閉館 1978年
客席数 1,690席(1940年時点[1]
用途 映画の上映、各種演劇の上演
運営 松竹株式会社
所在地 兵庫県神戸市兵庫区新開地2丁目35-2

聚楽館(しゅうらくかん)は、かつて神戸市新開地に存在していた建造物。正式には「じゅらくかん」であるが、市民は「しゅうらっかん」と呼んでおり、それが正式名称となった。名称は豊臣秀吉が贅を尽くした聚楽第にちなんで名付けられた。

歴史[編集]

1913年大正2年)8月18日竣工。建築家設楽貞雄が設計した。建築様式・経営方法ともに東京帝国劇場をモデルにして建てられ、「西の帝劇」と呼ばれていた。

帝国劇場は渋沢栄一大倉喜八郎ら東京の財界人の出資で建設されたのに対して、聚楽館は武岡豊太を社長とし、小曽根喜一郎森本清鈴木商店店主の2代目・鈴木岩次郎、瀧川辨三神田兵衛右衛門ら神戸の有力者の出資に帝劇の大株主・大倉喜八郎の出資が加わり、建設された。

建設の契機として、歌舞伎八代目・松本幸四郎松竹の関係悪化がある。松竹と関係が悪化した松本幸四郎は、松竹に対抗する一座を作って帝劇を拠点に据えたが、聚楽館は関西における松本幸四郎のもう一つの拠点として建設されたという裏事情があった。

1927年昭和2年)9月には映画の常設館となり、1929年(昭和4年)には松竹に身売りした。1934年(昭和9年)の改装の際に、スケートリンクが開設された。1938年(昭和13年)には田中絹代主演の『愛染かつら』(監督野村浩将)の大ヒットもあった[1]

戦後は米軍に接収され、1952年(昭和27年)の解除まで進駐軍専用の劇場として使用されていた。

1978年(昭和53年)に閉館し、65年の歴史を終えた。現在、跡地にはラウンドワン新開地店(大京聚楽館ビル)がある。

主な公演[編集]

歌舞伎だけでなく新劇の旗揚げ興行も含め、大正期の日本の代表的な舞台、東京で評判になった物はほとんど聚楽館で演じられたといわれる。

来日公演[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 戦前期日本の映画館写真(7)神戸・名古屋篇”. NFCデジタル展示室. 東京国立近代美術館 (2015年2月17日). 2015年4月18日閲覧。
  2. ^ 昭和24年(1949年)1月 第16回関西学院グリークラブリサイタル”. 関西学院グリークラブ. 2015年4月18日閲覧。
  3. ^ 末廣光夫 (2008年7月7日). “ブラジル移民100年にちなんで…右近雅夫が神戸の街に帰ってくる!”. ジャズエッセイ. 神戸ジャズストリート. 2014年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]