聖衣剥奪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『聖衣剥奪』
スペイン語: El expolio
英語: The Disrobing of Christ
作者 エル・グレコ
制作年 1577年-1579年
素材 油彩
寸法 285 cm × 173 cm (112 in × 68 in)
所蔵 トレド大聖堂スペインの旗トレド

聖衣剥奪』(せいいはくだつ、西: El Expolio)は、エル・グレコによる絵画作品。トレド大聖堂の祭壇画で、1579年に完成した。

依頼の経緯[編集]

トレドのカテドラルでの展示の様子

1577年、グレコはトレド大聖堂の祭具室の祭壇画を依頼された。ローマ時代グレコの親友であったルイス・デ・カスティーリャの父親であるディエゴ・デ・カスティーリャスペイン語版が当時聖堂の司祭長の職にあったため実現したといわれる。本作は1579年6月に完成した[1]

主題[編集]

本作の主題はマルコによる福音書の16行から19行に渡って記されている[1]。「聖衣剥奪」の主題は当時極めて珍しいものであった[1]。後述の問題視されたポイントは二つある[1]。一つ目は画面左下に描かれた聖母マリアマグダラのマリア小ヤコブの母の存在である[1]。彼女たちに関する聖書の記述はなく、それ故にグレコのこの解釈は異端的と考えられることとなった[1]

画面構成[編集]

画面構成は独創的であったが、それ故に注文主であった大聖堂参事会側から非難の声が上がった[1]。この結果、当初グレコが要求した額から大幅に報酬が減額された[1]。二点目として、キリストを取りまく群衆の頭が、そのキリストよりも上に描かれていることも批判の対象とされた[1]。平面的で上下方向に積み上げていく傾向はマニエリスムにみられる傾向であり[2]、当時斬新だったがゆえに批判されたと考えられている[1]。視点移動を伴う動的空間や、バロックの先取りとみられるダイナミックな身体表現などが本作では表現されている[1]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k マリーアス、雪山、川瀬、2012年、120頁。
  2. ^ 東武美術館/横浜美術館、1993年、31頁。

参考文献[編集]

  • 『バロック・ロココの絵画 : リール市美術館所蔵 : ヴェネツィア派からゴヤまで』(展覧会カタログ)東武美術館/横浜美術館、1993年。
  • フェルナンド・マリーアス 雪山行二 川瀬佑介監修『エル・グレコ展』NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社、2012年。