聖天使首大聖堂 (モスクワ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天使首大聖堂(モスクワ・クレムリンの大聖堂広場から撮影)。奥に見えるのは生神女福音大聖堂(ブラゴヴェシェンスキー大聖堂)。
天使首大聖堂(モスクワクレムリンの大聖堂広場から撮影)。奥に見えるのは生神女福音大聖堂(ブラゴヴェシェンスキー大聖堂)
大聖堂広場地上から撮影された天使首大聖堂
大聖堂広場地上から撮影された天使首大聖堂

本記事ではモスクワクレムリンの大聖堂広場にある、聖天使首大聖堂[1](せいてんししゅだいせいどう、Архангельский собор、所属:ロシア正教会)を扱う。ロシア語表記からアルハンゲリスキー大聖堂とも呼ばれる。また別の表記(Собо́р свято́го Архистрати́га Михаи́ла)から聖天使首ミハイル大聖堂とも訳し得る。

名称[編集]

ロシア語表記"Архангельский собор"(アルハンゲリスキイ サボール)から、「アルハンゲリスキー大聖堂」とも表記される。アルハンゲリスキイとは「アルハンゲルの」を意味する語であり、正教会では天使首(「天使のかしら」の意)と訳される。他教派では大天使とも。

天使首とは、天使ミハイル(ミカエル)の尊称(ミハイルの他にも天使首はいる)。

ミハイルはミカエル(ギリシア語: Μιχαήλ)の中世ギリシャ語(現代ギリシャ語も同様)の読み方「ミハイル」からロシア語がそのまま転写した読みである。

歴史[編集]

1333年に建てられた古い大聖堂のあった場所に、1505年から1508年の間に建設された。工事監督はイタリア人建築家アレヴィツ・ノーヴィ(Алевиз Новый、イタリア名:アロイジオ)による。

16世紀から17世紀にかけて制作されたフレスコ画がある。カザンのイアコフステファン・リャザンイオシフ・ヴラディミロフによって幾つかは描かれており、他は1652年から1666年の間に描かれている。壁面の石細工は明らかにイタリア・ルネッサンスの影響を受けている。雷文様の金メッキされた木製のイコノスタスは13メートルの高さがあり、17世紀から19世紀にかけてのイコンが嵌め込まれている。シャンデリアは17世紀のものである。

ロシア軍の戦勝は本大聖堂で祝われていた。ロシアのツァーリ、大公達は、17世紀までは本大聖堂に埋葬され、それらはこんにちまで残っている(イヴァン1世ドミートリー・ドンスコイイヴァン3世イヴァン4世(雷帝)イヴァン5世などが含まれる)。54の被葬者が大聖堂内におり、1636年から1637年の間に華麗に装飾された46の墓石があり、それらは1903年に青銅で光沢をつけられた。イヴァン4世(雷帝)の息子であるウグリチのドミトリーは、17世紀に本大聖堂に埋葬された。ピョートル2世もここに葬られているが、彼はピョートル大帝以降のロシアの支配者の中では唯一、モスクワクレムリンに埋葬されている人物である(サンクトペテルブルク首座使徒ペトル・パウェル大聖堂に葬られていないピョートル大帝以降の支配者としては、他にはイヴァン6世が居るのみである)。

1917年のロシア革命時には戦闘により損害を受け、その後、ボリシェビキによって閉鎖された。1950年代には、破壊されずに残った他のモスクワ・クレムリンにある教会と同様に博物館として保存され、宝物の多くはクレムリンの武器庫博物館(武器宮殿、アルジェイナヤ・パラータ)に移されるか、海外に売却された。1992年のソ連崩壊以降には、建物はロシア正教会に返還され、不定期に礼拝が再開されている。

他の被葬者[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訳語出典:天軍首聖ミハイル及び其他の無形軍の会衆祭中の祈祷文。「天軍首」との訳語もあるが、本項では「天使首」を採った。

外部リンク[編集]

座標: 北緯55度45分01秒 東経37度37分04秒 / 北緯55.75028度 東経37.61778度 / 55.75028; 37.61778