聖マルコ教会 (ザグレブ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖マルコ広場から見た聖マルコ教会。屋根に有名なカラータイルの紋章が見える。

聖マルコ教会(せいマルコきょうかい、クロアチア語: Crkva sv. Marka英語: St. Mark's Church)はクロアチア首都ザグレブにあるカトリック教会で、旧市街のグラデツGradec)の中心にある。もともとロマネスク様式で建てられ、14世紀には礼拝堂とアーチがゴシック様式で建設され、19世紀末にヘルマン・ボレen:Hermann Bollé)によりネオ・ゴシック式に改築されて、屋根に有名なカラータイルクロアチア・スラヴォニア・ダルマチア王国Triune Kingdom of Croatia, Slavonia and Dalmatia)の紋章(左)とザグレブの紋章(右)が置かれた。聖マルコ教会は聖マルコ広場に面していて、そこには国会議事堂en:Parliament of Croatia)、首相官邸、最高裁判所があり、クロアチアの国葬などの重要な行事はこの教会で行われる。。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 小冊子『一歩づつ ザグレブ クロアチア、ザグレブ市内散歩』(ザグレブ市観光局、2012年配布)

参照[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度48分59秒 東経15度58分25秒 / 北緯45.81639度 東経15.97361度 / 45.81639; 15.97361