聖トリニアンズ女学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖トリニアンズ女学院
St. Trinian's
監督 オリヴァー・パーカー
バーナビー・トンプソン
脚本 ピアーズ・アシュワース
ニック・ムーアクロフト
原作 ロナルド・サール
製作 オリヴァー・パーカー
バーナビー・トンプソン
製作総指揮 ルパート・エヴェレット
ナイジェル・グリーン
ジェームズ・スプリング
出演者 ルパート・エヴェレット
コリン・ファース
ラッセル・ブランド
タルラ・ライリー
レナ・ヘディ
ジェマ・アータートン
音楽 チャーリー・モール
撮影 ギャヴィン・フィネイ
編集 アレックス・マッキー
製作会社 イーリング・スタジオ
Entertainment Film Distributors
Fragile Films
UK Film Council
配給 イギリスの旗 Entertainment Film Distributors
公開 イギリスの旗 2007年12月21日
アメリカ合衆国の旗 2009年10月9日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $13,500,000[1]
興行収入 イギリスの旗 £12,280,529[1]
アメリカ合衆国の旗 $24,487,595[1]
次作 聖トリニアンズ女学院2
テンプレートを表示

聖トリニアンズ女学院』(セントトリニアンズじょがくいん、St. Trinian's)は2007年イギリスの映画ロナルド・サールの漫画『St Trinian's』シリーズを原作とした人気学園コメディ映画のシリーズ6作目である。

映画の1作目は1954年の『The Belles of St Trinian's』であり、1980年の5作目から27年ぶりの新作である。ただし、続編ではなく、現代を舞台にした新シリーズとして制作されている。

日本では劇場未公開だが、2012年4月4日に『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』の邦題でDVDが発売された他、WOWOW2012年2月25日に『セント・トリニアンズ女学院』の邦題で放送された。

2009年には同じスタッフとキャストによる続編『聖トリニアンズ女学院2』が公開された。

ストーリー[編集]

女子高生アナベルは父の姉カミラが校長を務める全寮制の女子校・聖トリニアンズ女学院に転校して来る。しかし、そこは学校とは名ばかりの、個性的な女子生徒らがやりたい放題に自由気ままに暮らしている、悪名高き「無法地帯」だった。

ところが、学院が破産寸前であることを知った生徒らは、自分たちにとっての楽園である学院を守るため、フェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」を盗み出し、それを売って金を得ようと計画する。

登場人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c St. Trinian's (2007) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]