聖セシリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖カエキリアから転送)
移動: 案内検索
『聖セシリア』(ラファエロ・サンティによる1514年の絵画)

セシリア(2世紀頃、生没年不詳)は、キリスト教カトリック教会聖公会正教会)の聖人。特にカトリック教会において有名な聖人であり、音楽家盲人守護聖人とされる。記念日は11月22日英語ではシシーリアスペイン語ではセシーリアイタリア語および中世ラテン語ではチェチーリアドイツ語ではツェツィーリア (Cäcilia)、フランス語ではセシルないしはセシール (Cécile)、古典ラテン語(再建音)ではカエキリア (Caecilia) と呼ばれる。日本のキリスト教では、西方教会ではセシリアの表記が一般的[1]である他、特にカトリック教会ではラテン語の教会式発音に基づいてチェチリアとも呼ばれる[2]。対して日本のキリスト教の中でも正教会ではキキリヤと呼ばれる。

カエキリア(Caecilia)は、カエキリウス氏族英語版(Caecilii)の女性であることを示す名である。カエキリウス (Caecilius) とはラテン語で「盲人」を意味する「caecus」に由来する。[要出典]ローマ皇帝ディオクレティアヌスによってアフリカで刑死した聖カエキリア(聖名祝日2月11日)とは別人である。

生涯[編集]

ローマ生まれ。ローマ帝国の貴族。

彼女が改宗させた夫や友人たちとともに、230年頃の皇帝アレクサンデル・セウェルスの時代に殉教した、と長らく伝えられていた。しかし、デ・ロッシの調査によると、ポワティエ司教フォルトゥナートゥス(没年600年)が、彼女は皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスの時代に176年から180年の間にシチリア島で非業の死を遂げたと記しているという。[要出典]

伝説によれば、セシリアは斬首刀の3打を耐え抜いて死刑を中止され、その後3日間生き延びたという。[3]

死後の評価[編集]

『聖セシリアの殉教』(ステファノ・マデルノによる1600年の彫刻)首に斬られた痕がある。

ローマのトラステヴェレ地区には、セシリアを称え、サンタ・チェチーリア教会が5世紀頃に建築された。その後820年にはローマ教皇パスカリス1世によってさらに壮麗に建て替えられ、1599年にはスフォンドラーティ枢機卿によって再び改築された。

パスカリス1世は、サン・カリストのカタコンベ (enに葬られたセシリアの聖遺物を、サンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ教会英語版に移した。この教会は、ルネサンスの彫刻家ステファノ・マデルノ英語版による聖セシリアの大理石像で知られる。像の前の石板には「聖女の墓が開けられたときに見た遺体をそのままの姿で写した」というマデルノの宣誓が刻まれていて、この宣誓が真実だとすれば、1599年に墓が開けられた際、聖女の遺体は千数百年を経てなお生々しく保存されていたことになる。写実的に表現されたマデルノの彫刻は、スフォンドラーティ枢機卿の依頼によって制作された。

セシリアは、伝説によると神を賛美するのに楽器を奏でながら歌ったと言い伝えられており、これが様々な芸術分野において霊感の出所となってきた。ラファエロルーベンスによる像のほか、チョーサーカンタベリー物語(『第二の尼の話』)やジョン・ドライデンの有名なオードがある。

セシリアを称える音楽作品あるいはセシリアの祝日のミサ曲は、パーセルアレッサンドロ・スカルラッティヘンデルリストグノーパリーなどが作曲している。ローマの聖チェチーリア音楽院もセシリアにちなんでいる。

出典[編集]

  1. ^ 日本のカトリック教会に関する出典: Laudate 聖人カレンダーおよび聖セシリア女子短期大学|聖セシリアおとめ殉教者記念日|2011年|スマートフォンサイト。また、日本聖公会京都教区日本聖公会京都教区日本聖公会中部教区松本聖十字教会などから日本聖公会でもセシリア表記が一般的だと考えられる。
  2. ^ 殉教者おとめチェチリアのミサ(固有式文)”. 国本静三. 2014年5月22日閲覧。
  3. ^ ジェイムズ・ホール; 高階秀爾訳 『西洋美術解読事典』 (改版) 河出書房新社、1988年ISBN 4309267505