聖エドワード王冠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖エドワード王冠の複製
王室の紋章における聖エドワード王冠の図版表現

聖エドワード王冠(せいエドワードおうかん、: St. Edward's Crown)はかつてのイングランド王室祭具であり、イギリス王室祭具のうちでも古いもののひとつである。これはまずイングランドの、次いでイギリスの、最終的に英連邦王国戴冠式で使われるようになった正式の戴冠用王冠である。その役割から英連邦王国のあらゆる場所において、この王冠を図版で表現したものは、統治者たる王の権威を示すものとして紋章、記章、その他様々な印で使われている。

実物としての王冠[編集]

現在の王冠[編集]

現在の聖エドワード王冠は、チャールズ2世の戴冠式のため1661年に制作された王冠と、エリザベス1世が所有していた真珠からその多くが構成されている。純で制作され、王冠のデザインは交互に配置された4個のクロス・パティと4個のフルール・ド・リスを基調としている。内側は白貂の毛皮で縁取ったベルベット帽になっており、その上に2本のアーチが十字形に組まれ載せられている。全体で444個の貴重な宝石が据えられている。かつて宝石は戴冠式の度に賃借し、のち取り外されてフレームだけにされていた。しかし1911年に宝石は恒久的に据えられるようになった。

ヴィクトリア女王エドワード7世は(戴冠式で)聖エドワード王冠を敢えて用いなかった。約2kg(2155g)という重さが理由で、代わりとしてより軽い大英帝国王冠を用いた。

かつての王冠[編集]

(現在の王冠の名の由来となった)エドワード懺悔王のオリジナルの王冠は、1065年クリスマスに彼が用いたものである[1][2]。この王冠には、アルフレッド大王の王冠の一部が使われた可能性がある[3]。伝えるところでは1066年のクリスマスの日、ウィリアム1世の戴冠式でも聖エドワード王冠は用いられた。すなわち王位継承が征服でなく正当な資格に拠ることを示すためである[4]。その後続けて、ウィリアム2世1087年)、ヘンリー1世1100年)、スティーブン1135年)、ヘンリー2世1154年)、リチャード1世1189年1194年)、ジョン1199年)の戴冠式でこの冠は用いられた[5]

1216年ヘンリー3世の最初の戴冠式では、この王冠ではなく、花で編んだ冠 (chaplet) が用いられた[6]。ドイツの歴史家 Reinhold Pauli (en) はこの点から、ジョン王によって失われた王室祭具の内にオリジナルの聖エドワード王冠も含まれていたと推測している[7]。しかし Arthur Penrhyn Stanley (en) が主張するところでは、オリジナルの王冠やその他の祭具は1642年まで失われず、ヘンリー8世の時代までウェストミンスターの宝物庫に保管されていたとしている[8]。同じ王冠は1533年アン・ブーリンの戴冠式でも用いられたと伝えられる[9]イングランド内戦の際オリバー・クロムウェルによってこの王冠は破壊されたが、1661年にチャールズ2世の戴冠式のため再作成された。

図版としての王冠[編集]

実物の聖エドワード王冠はイギリス女王の財産だが、その図版表現は英連邦王国のあらゆる場所において、各国それぞれにおける王権を示すため使われるようになった。具体的には紋章、軍隊や警察組織の記章、政府機関や王室関係の非政府組織のロゴで使われている。この用途では、以前はチューダ朝の王冠が使われていたが、1953年エリザベス2世の命により変更された[10][11]。またこの用途で図版を使うためには、女王自身による許可が必須である[12]

脚注[編集]

  1. ^ Cambridge 'Life of St Edward the Confessor' (Norman-French, c.1245) in H.R. Luard (Ed.), Lives of Edward the Confessor Rolls Series (London 1858).
  2. ^ Arthur Penrhyn Stanley, Historical Memorials of Westminster Abbey (4th, Revised Edition) (John Murray, London 1876), p.27.
  3. ^ King-Hall, Stephen (1936). The Crowning of the King and Queen. London: Evans Brothers. p. 4. 
  4. ^ Stanley 1876, p.42-44.
  5. ^ Stanley 1876, 47-53.
  6. ^ Stanley 1876, 53.
  7. ^ Reinhold Pauli, 'Continuation of Johann Martin Lappenberg's Geschichte von England, 1154-1509', Henry II to Henry VII', (Gotha 1853-1858)), p. 489 - Stanley 1876, p. 54. による引用
  8. ^ Stanley 1876, pp.45, 458-459
  9. ^ Hunt, Alice (10 November 2008). The Drama of Coronation: Medieval Ceremony in Early Modern England. London: Cambridge University Press. ISBN 978-0521885393. 
  10. ^ Department of Canadian Heritage 2008, p. 2
  11. ^ An Armorial of Canada > The Royal Arms of Canada”. Royal Heraldry Society of Canada. 2009年9月25日閲覧。
  12. ^ Department of Canadian Heritage. “Ceremonial and Canadian Symbols Promotion > The crown in Canada > The Royal Crown”. Queen's Printer for Canada. 2009年9月24日閲覧。