耶律奚低

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

耶律奚低(やりつ けいてい、生没年不詳)は、(契丹)の軍人

経歴[編集]

孟父房耶律巌木の後裔。弓射や乗馬を得意とし、征戦において武勇を示した。景宗のとき、軍官を歴任した。

統和4年(986年)、右皮室詳穏となった。北宋楊業山西の郡県を陥落させると、奚低は枢密使耶律斜軫の下で楊業を討った。戦いにあっては必ず先頭に立ち、矢を放って外すことはなかった。楊業は朔州の南で敗戦して、深い林の中に隠れた。奚低は楊業の袍の影を見て弓を射ると、楊業を落馬させた。先だって軍に楊業を生け捕りにするよう命じられていたため、奚低は手柄とすることができなかった。

22年(1004年)、睿智太后が北宋に対する南征の軍を起こすと、奚低はいくつかの戦功を挙げた。後に病没した。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻83 列伝第13