耳原古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
耳原古墳
Mimiharakohun01.JPG
位置 北緯34度50分31秒 東経135度33分49秒 / 北緯34.841836度 東経135.563736度 / 34.841836; 135.563736
所在地 大阪府茨木市耳原3-4
形状 円墳
築造年代 6世紀後半
出土品 鉄刀・瓔珞円
史跡指定 大阪府指定文化財
テンプレートを表示

耳原古墳(みのはらこふん)は大阪府茨木市に所在する古墳円墳)。

概要[編集]

石棺

帝人大阪研究センター敷地内にあり、もとは径約23m、高さ約8mの平地に高く盛られた古墳で、封土は長い年月で小さくなっている。 封土の中央に、南向きの立派な横穴式の石室があり、三島地方最大の巨石古墳である。

石室花崗岩の自然石を用いて矩形に造られ、規模は玄室長約6.97m、幅約2.4m、高さ約3.3m、羨道の規模は、長さ約6.9m、幅約1.7m、高さ約1.7m。玄室5枚、羨道5枚の天井石で覆っている。 側壁は三段に積まれ、最下段は大きい石を垂直に立て、2段目からは少し内側に傾斜し、3段目になるにしたがい空間を狭くするように造られている。

玄室内には形式の異なる石棺が2基安置されている。 奥にある石棺は、組合式家形石棺で、蓋・両側石・底石の6石の凝灰岩からなり、身の長さ1.89m、幅約1.26m、高さ約0.9m、蓋の長さ2.19m、高さ0.16mの大きさで、蓋には前後と左右に2個ずつ計6個の突起がついている。 羨道近くにある石棺は、凝灰岩製で家の形をした刳抜いた刳抜式家型石棺で、身に長さ2.07m、幅0.87m、高さ役0.69m、蓋は厚さ0.3mの大きさで、蓋には前後に各1個の円形突起をつくり出している。 石室は明治15年(1882年)頃に発掘され、両棺とも朱が塗抹されていた。[1]

平成16年(2004年)、西方の隣接地で6世紀後半頃のものと考えられる横穴式石室(耳原西古墳)と、金製や数多くのガラスが発見され、耳原古墳・鼻摺古墳と合わせて古墳群であったと考えられる。

史跡指定[編集]

所在地・交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 茨木市教育委員会 「わがまち茨木 古墳編」 (1990)全国書誌番号:90047602

外部リンク[編集]